Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型カムリ発売

トヨタ、新型カムリ発売

カテゴリ:新車 / 2006年01月30日

 

トヨタはカムリをフルモデルチェンジして1月30日に発売した。北米で年間40万台を販売するグローバルカーは、手堅く進化した。

ベスト・オブ・ベストセラー

初代カムリは1980年にFR・4ドアセダン「セリカ・カムリ」として登場。82年の2代目「カムリ」から前輪駆動となり、輸出がスタートした。それが今や世界8ヶ国で生産され、100ヶ国以上の国・地域で販売されるワールドカーに成長。特に年間40万台を販売する北米では、過去9年間で8回、乗用車販売トップとなったベスト・オブ・ベストセラーカーだ(ちなみに残り1回は2001年のアコード)。

快適性や安全性が進化

全長4815mm(0)×全幅1820mm(+25)×全高1470mm(-20)の外寸に大きな変化はないが、新型で目立つのは従来よりぐんとスポーティになったスタイル。また、ホイールベースを55mm伸ばして後席居住性を改善したほか、静粛性の向上や5ATの採用(2WD)、側面衝突対策(ボディ全体で衝撃を吸収する「マルチロードパス構造」の採用)、ニーエアバッグを含む7エアバッグ標準装備など、快適性や安全面の進化が主なポイントだ。

インテリアではスマートキーの全車標準装備のほか、センターパネルをアクリル化してバックライトで光らせる意匠が面白い。本革シートや専用外装を持つ「ディグニス・エディション」も用意する。

日本向けのエンジンは中国製

国内の販売目標は月間1000台=年間1万2000台。価格は247万8000円~336万円。国内向けはトヨタ自動車・堤工場で生産されるが、エンジン(2.4リッター直4「2AZ-FE」)は中国・広州製となる。海外生産は3月からの米国を皮切りに、従来からのオーストラリアやタイ、マレーシアなどと、さらに新しく中国、2007年にはロシアが加わって計10ヶ国になる予定。米国市場には春からハイブリッド車も投入されるが、日本での予定はない。

DAYSのコメント

日本製グローバルセダンゆえ、製造もグローバル展開。日本で売るカムリも、エンジンはなんと中国・広州製だ。セダン比率が17%前後しかないという、特異な日本市場ゆえ、国内で売るセダンも少しずつ海外生産車になっていくのだろう。月販目標1000台と控えめな数字は、世界で喜ばれるクルマが日本で喜ばれるわけではないということを示している。ただ、今回のカムリは広くて豪華で上質になっているので、走りを強調したマークXの向うを張って、意外にいいセンまで行くかも。

(photo:DAYS)

プレスリリース
トヨタ公式サイト「カムリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック