Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、横3人掛けミニバン「エディックス」発売

ホンダ、横3人掛けミニバン「エディックス」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2004年07月07日

 
 

ホンダは2004年7月7日、横3席×2列の6座独立シートを持つ新しいコンセプトのミニバン「エディックス」を8日から発売すると発表した。

「3×2(スリーバイツー)」ミニバン

3席×2列の6座独立と言えば、フィアット・ムルティプラや、生産終了してしまったが日産ティーノもあった。ホンダはこのシートレイアウトを「3×2(スリーバイツー)」、カテゴリーを「3×2(スリーバイツー)ミニバン」と呼び、独自のアイディアとパッケージングを盛り込んで改めて世に問う。

エディックスは日本の小型ミニバンには珍しく、人数分の独立シートを設け、さらに中央席を大きく前後スライド可能(前席270mm、後席170mm)としている。これにより、人数や状況に応じた自由なシートレイアウトが可能になったほか、展開時のエアバッグと中央席乗員との間に充分な距離を確保、チャイルドシートの装着も可能にした。車名「Edix」は、こうした自在性を、edit(編集する)+six(6人)で表したものという。

ショート&ワイド

3×2レイアウトにより、ボディ外観は必然的にショート&ワイド化。サイズは全長4285mm×全幅1795×全高1610mm(FF車)。つまり、シビック5ドア並みに短く、幅はオデッセイ並みにワイド。と言っても、ムルティプラの全幅1875mmに比べれば、より心配?は少なくてすみそうだ。

ウエッジシェイプの強いスタイリングはけっこうスポーティ。先代アコードワゴンのような極端な曲面ガラスを使うリアスタイルも個性的だ。荷室は439リッターを確保する。

基本はシビック/ストリーム。欧州にも投入予定

シャシーはシビック/ストリーム系で、ホイールベースもシビックと同じ2680mm。ただし、フロア構造はかなり変更されている。エンジンベイ周辺はストリームとほぼ同じで、パワートレインも2.0リッター(156ps)+5ATおよび1.7リッター(130ps)+4ATとほぼ準ずる。大幅に広がったトレッドで生まれた操縦安定性の余裕は、乗り心地の向上に使ったようだ。最小回転半径4.9m(1.7リッターの15インチタイヤ仕様車)の小回り性能は、シビックさえも大きく上回る。

目標台数は4000台/月で、生産は鈴鹿工場。価格は178万5000円(1.7リッター・FF)~220万5000円(2.0リッター・4WD)。また、「CセグメントMPV」市場が拡大中の欧州でも、今年秋から「FR-V」(フレキシビリティ、レクリエーション、バーサティリティの意)の名で販売する予定。

DAYSのコメント

ホンダがまたニッチマーケットを狙って作った意欲作だ。前席真ん中のシートはかなり後ろまでスライドするので、十分実用に足りる。日本でも、輸出先の欧州でも、果たして3×2シート・マーケットが存在するのか、分からないながらもチャレンジするという、ホンダらしい試みに拍手。

(photo:DAYS)