Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型「エリシオン」発売

ホンダ、新型「エリシオン」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2004年05月13日

 
 

ホンダは2004年5月13日、同社ミニバンのフラッグシップとなる大型8人乗りミニバン「エリシオン」を発売した。

ライバルはもちろんアルファード

エリシオンはオデッセイの上に位置する、ホンダの最上級ミニバン。ラグレイト(カナダ製の北米向けオデッセイだった)の後継に当たるが、今回のエリシオンは国内用に専用開発したブランニューモデルだ。3列シート、両側電動スライドドア、3.0リッターV6もしくは2.4リッター直4のエンジン、価格帯など、クラスとしては販売好調のトヨタ・アルファードと直接ぶつかることになる。エリシオン(Elysion)の車名は、ホメロスのギリシア神話叙事詩「オデッセイア」に出てくる楽園の名が由来とのこと。

クルーザーをモチーフにしたスタイリッシュな外観は、ミニバンであることを感じさせない。「新世代プレミアム8シーター」のコンセプト通り、インテリアは上質感を追求している。スウェード調ニット素材のシートや、やはりスウェード風の天井内張り、仕上がりの良い無垢風の木目調パネルを採用。室内デザインのモチーフもやはりクルーザーのラウンジだ。騒音・振動対策にも工夫をこらし、「アクティブコントロールエンジンマウント」(3.0リッター車)やフローティングマウントのリアサブフレームなどを採用した。

走りの良さを追求

ホンダらしく、走行性能にこだわったのも特長だ。前後の足まわりにホンダお得意のダブルウイッシュボーンを採用。実際、リアサスの室内への侵入がそれなりにあったり、リアゲート開口部も小さめだったりと、操縦性や剛性を重視した点がうかがえる。「走りの良さは、運転していただければすぐに分かります」と開発スタッフが胸を張るのは、新型オデッセイの発表時と変わらない。

サイズは全長4840mm×全幅1830mm×全高1790mm(FF車)で、アルファードやエルグランドに比べて全高は低め。薄型燃料タンクを床下に配置するなどパッケージングで工夫を凝らし、フラットな床と室内高1,265mmを確保した。同時に、後列にいくにしたがって約40mmずつヒップポイントを上げて、乗員の開放感に配慮している。ドアの敷居に、大型ミニバンに多い階段式ではなく、段差のないステップを採用したのも新しいところだ。

8人乗りのみで、エンジンは直4とV6

新型オデッセイで廃止されたキャプテンシートはエリシオンにも設定がなく、全車ベンチシートの8人乗り。ただしセカンド/サードシートに大型アームレストを備え、2列目のそれを倒せば、3列目でもまずまずの開放感が得られる。3列目への乗り降りは2列目の「チップアップ&スライド機構」(座面を跳ね上げ、同時に前にスライド)で行う。お約束の2列目・回転対座機構もオプションで用意した。

エンジンはオデッセイ等でおなじみの2.4リッター直4(160ps)と、インスパイアの発展型である可変シリンダーシステム採用の3.0リッターV6(250ps)。変速機は全車5AT。安全装備では、ホンダ独自の「追突軽減ブレーキ」(CMS)や「E-プリテンショナー」を設定する。

販売目標は4,000台/月で、生産は埼玉工場。取り扱いはホンダ全チャンネル(ベルノ、クリオ、プリモ)で行う。価格は2.4リッター車が273万円~334万9500円、3.0リッター車が351万7500円~451万5000円(いずれも4WD含む)。

DAYSのコメント

表向きには好評アルファードの牙城を崩すべく投入された戦略モデルだが、実際にはすでに発売以来10年を経たオデッセイの買い換え需要を見込んだ堅実なモデルといえそう。いずれユーザーはミニバンからセダンやスポーツカーへ回帰すると思われていた時代もあったが、実際は初めて乗ったクルマがミニバンやRVゆえ、今後もミニバンにしか乗らないというユーザーが増えている。ますます高級セダン市場が狭まっていくことを示唆するモデルだ。