Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > マツダ、デトロイトショーにコンセプトカー「マツダ風籟(ふうらい)」を出展

マツダ、デトロイトショーにコンセプトカー「マツダ風籟(ふうらい)」を出展

カテゴリ:クルマ関連ニュース / 2008年01月17日

 

ベースはALMSマシン、エンジンは3ローターエタノール

マツダは米国デトロイトで開催される北米国際自動車ショー(2008年1月13日-27日)に、エタノール燃料(E100)で走行するデザインコンセプトカー「マツダ風籟(ふうらい)」(Mazda FURAI)を世界で初公開した。

 

「風籟(ふうらい)」は、2007年の東京モーターショーで展示された一連のコンセプトシリーズの第5弾。基本的には「Nagare」のデザインを元に、「アメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)」でマツダが以前使用したレーシングカー「クラージュC65」をベースに製作したという。

「風籟(ふうらい)」とは、「風の音」を意味するという。風を切りながら突き進むレースカーをイメージしたとのことで、具体的には米国でポピュラーなウィークエンドレースで使うことをイメージしたもの。

関係者の言葉を借りれば「一般道路を走るスーパーカーとレース専用車との間のギャップを埋めるもの」とのこと。3ローターのロータリーエンジン(450ps)を搭載するが、BP社製のエタノール(E100)燃料仕様とすることで環境にも配慮している。

 

「環境に優しいスーパーパフォーマンスコンセプトカー」、Mazda FURAI
(photo:すべてマツダ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック