Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 名古屋モーターショーが開幕

名古屋モーターショーが開幕

カテゴリ:イベント・フェア , クルマ関連ニュース , 東海地区の情報 / 2015年11月20日

 

中部地区最大の自動車イベント「名古屋モーターショー 2015」が11月20日(金)、ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭)で開幕した。開催は23日(月・祝)までの4日間。

東京に出なかった輸入車ブランドやジャパンプレミア(日本初公開)も


トヨタブース。新型プリウス、MIRAI、そしてコンセプトカーのC-HR Concept、FCV PLUS、S-FRなどが出展された

例年、名古屋モーターショーには、東京モーターショーで出展されたコンセプトカーや市販予定車、最新モデルが多数出展されるが、名古屋の場合は近年、東京への出展を見送った輸入車ブランドも最新モデルや市販予定車を出展するケースが多い。また、国産車も含めて、中にはジャパンプレミア(日本初公開)となるモデルもある。

 

日産ブースは東京モーターショーと異なり、「Nissan Concept 2020 Vision Gran Turismo」を正面に据えた

会場は例年通り、輸入車ブランドの一部と国産車が集まる3号館、輸入車ブランドが集まる2号館、そしてITS(高度道路交通システム)関連をはじめ、様々なブースが集まる1号館の3ヶ所。初日の19日は平日だったが、午前中から多くの人で賑わった。入場料は大人1500円で、高校生以下(18歳以下)は入場無料。

■第19回 名古屋モーターショー
・場所:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
・開催日時:2015年11月20日(金)~23日(月・祝)の4日間
       21日(土)以降はAM9:00~PM6:00

 

ランボルギーニの最新モデル2台。750psを誇るアベンタドール LP 750-4 スーパーベローチェ(右)とウラカン LP 610-4

参考出品車のマスタングはV8と思いきや、すでに導入されている(ただし完売)4気筒エコブースト仕様。実はこれ、2016年導入予定の右ハンドル仕様で、今後マスタングはV8を含めて全て右ハンドルになる模様
 

アストンマーティンの最強モデル、Vantage GT12は、いわばGT3マシンのストリートバージョン。6L V12エンジンは自然吸気で600psを発揮する。世界限定100台

フェラーリ 488GTB。458イタリアの後継となるミッドシップV8モデルで、3.9LV8ターボエンジンは670psを発揮
 

マクラーレン 570S クーペ

シボレー コルベット Z06 コンバーチブル
 

メルセデス・ベンツはコンセプトカーがないことを除けば、東京モーターショーとほぼ同じ内容。GLCなどの日本導入予定車を一足早くチェックできる

アウディのブースに新型A4の姿はなかったが、TTS クーペやA3 スポーツバック e-tron、S8などを展示
 

ACマインズ(愛知県岡崎市)が出展した一人乗りの英国製少量生産スポーツ、BAC mono。作りはほとんどフォーミュラカー。お値段は仕様や為替によって異なるが、2500万円は優に越えそう

同じくACマインズのブースにあったジネッタG40R。鋼管フレーム製シャシーにFRPボディパネルで車重800kg台という昔ながらの手法だが、「クルマ全体がロールケージなので、公道でもサーキットでもとても安全です」とのこと
 

マセラティは、エルメネジルド ゼニア社の手がけたシルク仕様の内装をオプション装着したクアトロポルテを日本初公開。他にギブリ、グランカブリオ スポーツを出展

VWは参考出品車のパサート GTE(写真)、ゴルフ トゥーラン、市販車のゴルフ GTEなどを出展
 

マツダのブースは市販車をフルラインアップで展示。残念ながらコンセプトカー「RX-Vision」の出展はなく、海外のモーターショーにも今のところ出展の予定はないという

東京と異なり、名古屋のホンダブースに新型NSXの姿はなかったが、 代わりにスーパーGTマシンのNSX CONCEPT-GTが展示された
 

スズキブースの出展内容は東京モーターショーとほぼ同じ。手が届きそうなモデルが多くて、楽しい

スズキでジャパンプレミアの2輪を発見。ミラノショーで発表されたばかりの「SV650 ABS」(参考出品車)は、グラディウスをベースに外装や排気系などをシンプルにして8kg軽量化。出力をアップしつつ、排ガス規制は新たにユーロ4をクリアしている
 

三菱ブースは「MITSUBISHI eX Concept」のほか、写真のアウトランダーPHEV(バハ・ポルタレグレ500ラリー参戦車)、市販車のアウトランダーなど

名古屋でもアルトワークスは老若男女に大人気。5MTのタッチとレカロシートのホールド感はなかなかのもの。ぜひ体感を
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック