Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ「パッソ」、ダイハツ「ブーン」発売

トヨタ「パッソ」、ダイハツ「ブーン」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2004年06月07日

 

トヨタとダイハツは2004年6月7日、両社が共同開発したコンパクトカーをトヨタは「パッソ」、ダイハツは「ブーン」として発売した。

両社初の共同開発車


記者発表はトヨタとダイハツが共同で行った。

「パッソ」、「ブーン」は、従来のデュエット、ストーリアの後継車。先代はダイハツが100%企画・開発したが、今回は国内市場では初めての共同開発車だ(海外市場では、昨年インドネシアで生産・発売されたモデルがある)。つまり、トヨタの車両企画力と、小型車が得意なダイハツの開発技術・生産ノウハウといった、両社の強みを生かしたモデルだという。また、トヨタにとっては「最小」、ダイハツにとっては「上級」という、軽乗用車とコンパクト2BOXが交差する市場を狙う。

シャシーと3気筒エンジンはダイハツが開発

ボディサイズは全長3595mm×全幅1665mm×全高1535mmと、ヴィッツより45mm短いだけ。クラス的にもヴィッツとかぶるが、シャシーはダイハツによる新開発だ。ホイールベースは逆にヴィッツより70mm長い2440mmで、わずかだが室内空間も広い。フロアシフトのヴィッツに対して、こちらはコラムシフトを採用する。

エンジンは新開発の1.0リッター3気筒と、従来車やヴィッツと同じ1.3リッターの4気筒。注目はやはりダイハツ自製の3気筒エンジンで、VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)やインテークポートの最適化、フリクションロスの低減、さらにイリジウムプラグを採用し、3気筒で問題となる低振動や静粛性を確保するとともに、10/15モード燃費:21.0km/Lを達成したという。変速機は全車4ATだ。

デザインはダイハツの意見を交えながらトヨタ主導で行ったようだが、いずれにしてもヴィッツやフィットよりアクのないスタイルと言えるだろう。室内はヴィッツのセンターメーターに対して、ステアリングコラム一体型のメーター、センターコンソールの大型小物入れが特長。後席に足下まで座面クッションを伸ばす「ロングクッションモード」や座面組み込み型の「ジュニアシート」を用意したのが新しい。

価格は5ドア・4ATという条件なら、ヴィッツ(98万1750円~)より安い、94万5000円~130万2000円(両メーカー共通)。販売目標はトヨタ:7000台、ダイハツ:1500台と、ヴィッツ、イスト並み。生産はダイハツ本社の池田工場で100%行う。

デイズのコメント

新型プラットフォームによってさらにコスト(原価)を切りつめ、低価格でも儲かるクルマとなっている模様。それにしても、エンブレムと車名が違う以外まったく同じクルマを、違う二つのメーカー(トヨタとダイハツ)が売り、新車記者発表も両メーカー同席で行ったのは、史上初めてのケースか。こうなるともうノアとボクシーみたいなもので、ダイハツがネッツやレクサスに次ぐ、トヨタの販売チャンネルの一つになる日も近いか、と思わずにいられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック