Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > マツダ、新型SUV「CX-7」を発売

マツダ、新型SUV「CX-7」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2006年12月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 


マツダは2006年12月19日、スポーツカーとSUVをクロスオーバーさせた「CX-7」を発売した。中部地区での発表会が行なわれた東海マツダ販売本社から。

・全車2.3リッターDISIターボを搭載

CX-7はすでに5月から北米市場に投入されている5人乗りの新型SUV。スポーツカーとSUVを融合させた「スポーツクロスオーバーSUV」を謳うところが、「Zoom-Zoom」のマツダらしい。マツダスピード・アテンザやMPV等でおなじみながら、CX-7専用にフラットトルク重視でチューンした2.3リッター直噴ターボ(238ps、35.7kg-m)と6速ATを搭載。駆動方式は2WD、および電子制御アクティブトルクコントロール・カップリング4WDを用意する。

・スポーツ度満点のスタイリング

全長4680mm×全幅1870mm×全高1645mmと、ボディサイズはホンダCR-Vより若干大きく、トヨタ・ハリアーと同等、日産ムラーノよりは小さい、といったところ。ただしそれらのいずれよりも全高は低く、さらにマッシブなフロントフェンダーやキックアップしたリアフェンダーもあって、見た目のスポーツ度はかなり高い。車重はFFで1640kg、4WDで1740kgと、同等のパワーを持つライバル車(V6エンジン車)より軽めに仕上がっている。発表会場には10台ほどの試乗車が用意され、短時間ながら試乗のチャンスが与えられた。

・306万~366万円で、目標は月間380台

全車HDDナビ、サイド&バックガイドモニター、18インチタイヤ&アルミホイールを装備して、価格は306万~366万円。国内の目標台数は月間380台。東海マツダ(愛知・三重県エリア)ではそのうちの70台を目標とする。

DAYSのコメント

日本でもついに「スポーツに振ったSUV」が登場した。まず何より、スタイリングのカッコ良さが素晴らしい。これは衆目の一致するところだろう。フラットトルクのパワフルな直噴ターボ、6速AT、クイックなハンドリングはSUVのカタチをしたスポーツカーを目指したもので、スポーツ心をアイデンティティとするマツダならでは。軽く試乗した限りではパワーとシャシーのバランスが良く、エンジンを回して楽しいクルマという印象だ。トヨタのものに近いITS装備(HDDナビやG-BOOK ALPHA、レーダークルーズ&プリクラッシュなど)、日産のものに近いサイドモニターなど、各社のいいところをさりげなくつまんでいるのもうまい。日本市場はともかく、世界市場では十分ヒットが期待できるクルマだ。

(photo:DAYS)

マツダ公式サイト>プレスリリース
マツダ公式サイト>CX-7(ナローバンド版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック