Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 東京モーターショー 2015が開幕

東京モーターショー 2015が開幕

カテゴリ:イベント・フェア / 2015年10月28日

 

国内最大のモーターショー「第44回 東京モーターショー2015」が2015年10月28日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、報道関係向けに開幕した。一般公開は30日(金)から11月8日(日)までの10日間。

次世代ロータリー搭載コンセプト「RX-VISION」登場


Mazda RX-VISION

朝8時半という早い時間に始まったマツダのプレスカンファレンスで、世界初公開されたのは次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載するという想定の「Mazda RX-VISION」。RX-7の復活と言うよりは、ロングノーズ・ショートデッキの大型FRスーパースポーツという印象だが、カッコいいのは間違いない。マツダ関係者の自信にあふれた様子が印象的だった。

 

Mazda RX-VISION

クロスオーバーSUVのコンセプト「Mazda Koeru(越)」
 

トヨタは新型プリウス、レクサスは「LF-FC」

 

新型プリウス

広大なトヨタブースの主役は、2015年末に発売する新型プリウス。壇上中央の1台以外に、平置きで1台あり、多くの人だかりで埋まった。9月のフランクフルトショーで発表された小型クロスオーバーのハイブリッド車「TOYOTA C-HR Concept」、そして世界初公開でFR・6MTの軽量スポーツコンセプト「TOYOTA S-FR」もあったが、やはりプリウスへの注目度はダントツ。奇抜なデザインも見慣れてくる。

 

TOYOTA S-FR

メカがむき出しのミッドシップ3座コンセプト「TOYOTA Kikai」
 

レクサス LF-FC

レクサスで話題をさらったのは、この日まで謎だったコンセプトカー「LF-FC」。レクサス版のミライとも言えそうな燃料電池車コンセプトだが、まずは高級大型4ドアクーペ風の伸びやかなスタイリングがカッコよく、会場の反応は上々。メカ的には水素タンクをセンター床下とリアにダブルで積み、前輪はインホイールモーター、リアは通常のモーターで駆動する電気AWDという想定。メカニズムはともかく、デザインは市販車に反映されそうな予感。

 

レクサス LF-FC

レクサス LF-FC
 

オデッセイ ハイブリッドを探せ

ホンダブースのテーマは、企業スローガンそのままに「The Power of Dreams」。単一ブランドでは最大面積というブースに、4輪、2輪、汎用機、ロボットと数多く出展される。新型の燃料電池自動車「FCV(仮称)」や、V6直噴ツインターボのミッドシップ・ハイブリッドAWDになる新型「NSX」が中央に陣取った。

 

ホンダ シビック TYPE R

少し身近なところでは日本初公開の新型「シビック TYPE R」。2.0L VTEC TURBOエンジン(310ps、400Nm)と6MTを搭載した“FF量産車最速モデル”。

だが、目立たないところで気になったのは「オデッセイ ハイブリッド」。発電と駆動を行うエンジン・モーターまわりはアコードハイブリッド譲りだが、バッテリーは助手席下に配置する改良型。ぱっと見、ハイブリッド車に見えない。発売は来春とのこと。

 

ホンダ オデッセイ ハイブリッド

MotoGPマシンであるRC213Vのエンジンを積んだ4輪車「Honda Project 2&4 powered by RC213V」
 

ホンダ Light Weight Super Sports Concept

2輪車での注目は、謎の新型スーパースポーツ「Light Weight Super Sports Concept」。事前には詳細なスペックが何も発表されておらず、「次期CBR250RRか?」などの憶測を生んでいたが、会場でも詳細は発表なし。エンジンの見た目は明らかに250ccクラスの直列2気筒だが、まだまだコンセプトの域を出ない様子。

 

ホンダ NEOWING

4輪でも2輪でもない、3輪でも注目すべきコンセプトモデルがホンダからも登場してきた。前2輪・後1輪の「NEOWING(ネオウィング)」は水平対向4気筒エンジン+モーターのハイブリッド。前輪にはスイング機構を備え、2輪のようにリーンして曲がる。

 

スズキは「自転車みたいな原付」に注目せよ


スズキ MIGHTY DECK

スズキブースのステージ中央は、軽自動車のコンセプトモデル「MIGHTY DECK(マイティデッキ)」。オープンデッキ(荷台)を備えたその姿は、往年のマイティボーイ(通称マー坊)を彷彿とさせる。ハスラーに続く「遊べる軽」の提案。

 

スズキ アルト ワークス(参考出品車)

世界初出展の新型コンパクトクロスオーバー「イグニス」が目立つ会場だが、そこにしれっと平置きされていたのは「アルト ワークス」。ミッションは専用レシオ、クイックシフトのフロア5MTで、レカロシートを装着。64psのままだが、特性はワークスっぽく(過激に?)変えるという。発売時期の明言はなかったが、年内か。

 

スズキ イグニス。かつてスイフトの海外名はイグニスだったが、それがグローバルで新型車として復活。国内仕様は国内で生産する模様。発売時期は未発表だが、そう遠くなさそう。デザインとサイズがいい

電動アシスト付きスポーツ自転車みたいに見えて、実は原付バイクの「Feel Free Go!」。電気モーターじゃなく、新開発の50cc油冷エンジンを搭載しちゃったという、GSXとチョイノリのスズキらしい一台。
 

ヤマハは4輪、3輪、2輪


ヤマハ スポーツ ライド コンセプト

知的に面白いのがヤマハブース。まず4輪については、天才設計者ゴードン マーレーが関わったライトウエイトスポーツをお披露目。小型軽量スポーツを愛するマーレーらしいアイディアとヤマハ・テクノロジーの幸せな融合。

 

ヤマハ MWT-9 (コンセプトモデル・試作車)

3輪バイクの第2弾は、トリシティの125ccから一気に排気量が850ccになったコンセプト「MWT-9」。パワーのあるMT-09のエンジンで3輪バイクのパフォーマンスの高さを証明しようというヤマハらしい大胆な展開。850ccで高性能イメージを確立すれば、250も400も600もうまく行く。

 

ヤマハ MOTOBOT

もうひとつ面白いのはノーマルのR1を走らせるロボットライダー「モトボット」。今は広場を走り始めたばかりだが、目標は次回2017年の東京モーターショーまでにサーキットでロッシのタイムを破ること。現在は操舵とスロットル、ブレーキのみの制御だそうで、となると次は体重=重心位置の移動が課題。ロッシ対ロボットも楽しみだが、このまま行けばライディング理論が数値で理論的に解明されるはず。

 

木目素材や、管楽器に用いるエングレービング技法を使ったノスタルジックなコンセプトモデル「レゾネーター125(Resonator 125)」

2輪EVコンセプトはオンロードの「PES2」とオフロードの「PED2」。前者は前輪インホイールモーターの2WD。後者はリア駆動で自然の中を無音で走行できる。ともに原付二種クラスのパワーを想定
 

【輸入車】


東京でワールドプレミアされた「Vision Tokyo」。未来のメルセデスはマシュマロみたいなやわらかデザイン?

自動運転リサーチカー「F 015 Luxury in Motion」
 

スマート fortwoとforfour

VWは「パサート GTE」などPHVモデルを多数出品
 

フランクフルトショーでデビューした次期「A4」

4ドアクーペとSUVのクロスオーバー「Audi prologue allroad」
 

ついにダウンサイジングターボ化された新型911

アウディ TTS Roadster
 

東京で世界初公開された「BMW M4 GTS」。M3生誕30周年を記念する700台限定の高性能モデル。ウォーター・インジェクションで最高出力500ps

BMWブースでも目立つのが電動化。3シリーズのPHV「330e」、eDrive テクノロジーを採用した「225xe」など
 

新世代のMINI Convertibleは東京で世界プレミア。ブースは映画セット風で凝りに凝っている

新世代のMINI Clubmanは、従来のダブル観音開きドア(右サイド&リア)から、4ドア+リア観音開きドアになった
 

シトロエンは「C4 CACTUS」を日本初公開。欧州では2013年にデビューしているが、日本導入は6AT搭載の関係で2017年にずれ込む。サイドの樹脂カバーは、車両保護のためエアバンプで、押すとプニッと凹む。みんな押してた

2014年にシトロエンから完全に独立した「DS」ブランドの最新モデルとして、「NEW DS 4」「NEW DS 4 CROSSBACK」を日本初公開。シトロエンと呼ばないで。
 

ルノーはRR(リアエンジン・リア駆動)の新型トゥインゴを大々的にアピール。ただし日本への導入スケジュールや仕様は未定とのこと。

ジャガー初のSUV「F-PACE」。ボディの80%以上がアルミ合金製。日本でも11月から先行受注受付を始める
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック