Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、クラウンをフルモデルチェンジ

トヨタ、クラウンをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 / 2012年12月25日

 
 

新型クラウン アスリートと愛知トヨタ自動車の山口真史社長

トヨタ自動車は2012年12月25日、クラウンを約5年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。東海地区での発表会が行われたトヨタ自動車のお膝元、愛知トヨタ自動車(株)の豊田営業所からリポート。

14代目は王冠グリルで若返りを図る


愛知トヨタは1935年の創業時にトヨタ1号車を販売開始。1955年の初代クラウン(写真右)以来、「クラウンと共に成長してきた」。クラウンの販売実績では全国ナンバー1を誇る

1955年に初代が登場したクラウンは、今回のモデルが14代目。新型は原点に立ち返り、クラウンの本質である高い快適性を追求したとのこと。トヨタが新しく掲げる「もっといいクルマづくり」をテーマにした最新モデルでもある。

新型も従来通り、フォーマルな「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」の2本立て。いずれも目を引くのが、王冠(クラウン)をモチーフにしたというフロントグリル。ロイヤルは縦長のグリルとバンパー部の横長グリルを一体化した逆T字型。一方のアスリートには縦長で矢印のような形状の奇抜なグリルを採用し、異彩を放つ。スタイリング全体は水平基調が強まり、どことなくレクサスLSを思わせるものになった。

直4エンジンのFR専用ハイブリッドシステムを新採用


ボディカラーはとりあえずロイヤルが6色、アスリートも6色。ただしテレビCMに登場するピンクも追加するとのこと

パワートレインで最大のニュースは、2.5リッター直4(178ps)とモーター(143ps)を組み合わせた新開発のFR専用ハイブリッドシステム(システム出力220ps)を採用したこと。従来の「クラウン ハイブリッド」はGS450hと基本的に同じ3.5リッターV6+モーターを搭載した独立モデルだったが、新型ではロイヤルおよびアスリートの双方に用意される。動力性能は3リッターV6に匹敵し、JC08モード燃費は23.2km/Lを達成。バッテリーは従来通りニッケル水素になる。

なお、ロイヤルの純ガソリン車は、2.5リッターV6モデル(6AT)のみ。アスリートには3.5リッターV6(8AT)の純ガソリン車も用意されている。

 

新型クラウン アスリート

シャシーに関しては、「張り」と「いなし」をキーワードに、前後サスペンションのアーム剛性を最適化し、高い車両安定性としなやかな乗り心地を両立。ハイブリッドでは従来のV6エンジン以上の静粛性を実現したという。

安全装備については、前方車両に合わせて遮光範囲を自動調整する「アダプティブハイビームシステム」を採用。また、ミリ波レーダー方式の「プリクラッシュセーフティシステム」の性能を強化し、実際の追突事故の90%以上の相対速度域に対応するよう改良したという。

ガソリンは353万から、ハイブリッドは410万円から

価格はロイヤルの2.5リッターが353万-505万円、ハイブリッドが410万-536万円。アスリートの2.5リッターが357万-513万円、3.5リッターが497万-575万円、ハイブリッドが410万-543万円。

生産はトヨタ自動車本社の元町工場(豊田市)。販売チャンネルはトヨタ店で、目標販売台数は月間4000台。すでに先行受注は12月20日時点で1万0200台に達したとのこと。本格的なデリバリーは2013年1月下旬からの見込み。また受注の6割以上を占めるハイブリッド車は、2013年1月下旬から生産される予定。

デイズのコメント

サプライズなグリルデザインで、しばらく物議をかもしそうなクラウン。話題作りという点ではまずは大成功かと。それより何より主題はプリウスに流れたユーザーを取り戻すこと。その点でも4気筒ハイブリッドが受注の6割強というあたりは、これまた狙い通りかと。


■外部リンク
・トヨタ>プレスリース>トヨタ、クラウンをフルモデルチェンジ(2012年12月25日)