Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > フィアット 500 限定車、車両デザイナーのラフスケッチをちりばめる

フィアット 500 限定車、車両デザイナーのラフスケッチをちりばめる

カテゴリ: リリース情報 / 2016年09月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

FCAジャパンは、フィアット『500』に特別仕様車「ジェニオ」を設定し、150台限定で9月17日より発売する。価格は271万7280円。

フィアット500ジェニオは、FCAのデザイン部門「チェントロスティーレ」が日本のためだけにデザインした特別な限定モデル。9月7日に発表した「フィアット 500イタリー」に続く、日本イタリア国交150周年記念モデルでもある。

限定モデルはツインエアラウンジをベースに、メタリックグレーのボディカラーを採用し、クロームミラーカバー、専用16インチアロイホイールを装着。インテリアは、通常のアイボリーではなく限定モデルならではのブラックを基調に、専用のポルトローナ・フラウ製のレザーシートを設定する。

また、ダッシュボード、Bピラーおよびキーケースには、現行フィアット500のデザイナーであるロベルト・ジョリートが黒板に描いたラフスケッチを採用したほか、ホイールセンターキャップに円周率を施こすなど、「ジェニオ(Genio・天才)」の名に相応しい、アカデミックなデザインが与えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック