Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 三菱 アウトランダー、安全性能強化…スマホ連携DAもオプション設定

三菱 アウトランダー、安全性能強化…スマホ連携DAもオプション設定

カテゴリ: リリース情報 / 2017年02月16日

 

三菱自動車は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に予防安全機能の向上や「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」の設定など一部改良を施し、3月2日から販売を開始する。価格は253万8000円から328万4280円。

安全面では、衝突被害軽減ブレーキのセンサーをカメラとレーザーレーダーの併用に変更し、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能を向上させた。また、車線逸脱警報システムの警報精度を向上させるとともに警報タイミングを最適化。さらに後側方車両検知警報システム、後退時車両検知警報システムを新たに採用した。

スマートフォン連携ディスプレイオーディオは、Apple CarPlayに対応。各種操作をSiriやタッチスクリーンで行うことができる。さらに、高度な音声認識でGoogleマップなど各種アプリの操作できるAndroid Autoにも対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック