Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 日産 フェアレディZ、一部改良…外観一部変更や新型クラッチ採用など

日産 フェアレディZ、一部改良…外観一部変更や新型クラッチ採用など

カテゴリ: リリース情報 / 2017年07月06日

 

日産自動車は、『フェアレディZ』を一部改良し、7月6日より販売を開始した。価格は390万7440円から640万1160円。

今回の一部改良では、エクステリアデザインを一部変更。ヘッドランプやリヤコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調、さらにアウトサイドドアハンドルやリヤバンパー下部もブラックとすることで、より精悍な印象とした。またボディカラーに新色「カーマインレッド」を採用。宝石のような鮮やかさと華やかさを併せ持ち、見る角度によってダイナミックに色彩が変化する。「バージョンST」と「S」グレードには新デザインの19インチアルミ鍛造ホイールを採用した。

走行性能では、エンジン特性を見直し、アクセルペダル中間開度でのトルクアップと高回転時のトルク低下量を削減。高速道路での合流加速や、ワインディングでのスムースで伸びのある加速感を実現している。また、新型の高効率クラッチの採用により、踏力を軽くするとともに半クラッチの操作性を向上させた。

また、遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで静粛性を向上。NISMOグレードでは、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを採用することで、低燃費とロードノイズの1db低減(50km/h時)を実現した。そのほか、車内からバックドアを開けることができる「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備し、利便性を向上。SRSカーテンエアバッグの展開容量を大幅に拡大することで安全性を高めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック