Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ジャガー Fタイプ、2018年モデル28機種の受注を開始…794万円より

ジャガー Fタイプ、2018年モデル28機種の受注を開始…794万円より

カテゴリ: リリース情報 / 2017年09月30日

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラインアップを拡充させた、スポーツカー『Fタイプ』2018年モデルの受注を9月30日より開始した。価格はクーペが794万円から1787万円、コンバーチブルが959万円から1952万円。

ジャガー Fタイプ 2018年モデルでは、LEDヘッドランプやフロントバンパーに新デザインを採用し、特徴的なデザインをより強調。また、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートにより、足元のスペースを確保し、8kg以上の軽量化を実現している。

装備面では、Fタイプでは初となる最新インフォテインメントシステム「インコントロール タッチプロ」を全グレードに標準装備。オプションで通信機能を追加でき、緊急時に車内上部のボタンを押すことでオペレーターと会話ができたり、アプリを介して車両位置情報やトリップデータ、ドアやウィンドウの開閉状況の確認、施錠やエアコンを遠隔で操作できる。さらに、GoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応。GoProで撮影した走行映像と、車両の走行データを記録でき、ソーシャルメディア等で簡単に共有できる。

パワーユニットは300ps・400Nmから575ps・700Nmまで6種、トランスミッションはATとMT、駆動方式は後輪駆動と全輪駆動があり、全28機種を展開。3リットルV6スーパーチャージャーエンジンの出力を400psにアップさせた「Fタイプ 400スポーツ」(2018年モデルのみの展開)や、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が設計・開発を手掛けた、最上級グレード「Fタイプ SVR」など、ドライビングスタイルや嗜好に合わせた選択肢を用意した。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック