Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ホンダ オデッセイ、マイチェン…安全運転支援システムを標準装備

ホンダ オデッセイ、マイチェン…安全運転支援システムを標準装備

カテゴリ: リリース情報 / 2017年11月16日

 

ホンダは上級ミニバン『オデッセイ』の改良新型モデルを発表。11月17日より販売を開始する。価格はハイブリッドが375万円から415万円、ガソリンモデルが298万円から365万3600円。

新型モデルは、ホンダセンシング全8機能をガソリン/ハイブリッドモデル全タイプに標準装備し、安心・快適な運転や事故回避を支援。また、ハイブリッドモデルはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能を追加し、高速道路などでの運転負荷軽減を図る。

外観では、フロントのバンパーおよびグリルのデザインを変更し、力強い印象のフロントマスクに仕上げたほか、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのデザインを統一。またボディカラーは、新色「コバルトブルー・パール」と「プラチナホワイト・パール」を含む全7色を設定した。

内装では、2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納できる小物入れを採用。また、純正ナビゲーション「ギャザズ」を9インチに対応させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック