Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ダイハツ タント、一部改良…パノラマモニター採用で安全性向上

ダイハツ タント、一部改良…パノラマモニター採用で安全性向上

カテゴリ: リリース情報 / 2017年12月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

ダイハツは、軽乗用車『タント』および軽福祉車両『タント スローパー(車いす移動車)』『タント ウェルカムシート(昇降シート車)』を一部改良し、12月18日から発売する。価格はタントが122万0400円から187万3800円、タント スローパーが143万円から181万円、タント ウェルカムシートが152万5000円から186万円。

今回の一部改良では、安全性向上を目的に「パノラマモニター」を採用。4か所のカメラで車両の前後左右を映すことで、真上から見ているような映像をナビ画面に映し出すことができる。

また、タントに特別仕様車として「タント X リミテッドSA III」、「タント カスタムX トップエディションリミテッドSA III」を追加。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを装備しながら、リーズナブルな価格設定とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック