Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > トヨタ アルファード/ヴェルファイア、マイチェン…安全装備強化など

トヨタ アルファード/ヴェルファイア、マイチェン…安全装備強化など

カテゴリ: リリース情報 / 2017年12月25日

 

トヨタ自動車は、『アルファード』および『ヴェルファイア』をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売すると発表した。価格は価格は335万4480円から750万8160円。

今回のマイナーチェンジでは、第2世代を迎えた予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載する。さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)やブラインドスポットモニター(BSM)を新設定するなど、予防安全装備を充実させ、安全運転支援の強化を図った。

エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更することで、それぞれの個性をより際立たせた。インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めた。またエアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジS」をアルファードに、「エクスクルーシブ ラウンジZ」をヴェルファイアに設定。専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出。さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードのアルファード「S」、およびヴェルファイア「Z」も設定した。

走行性能では、よりダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保したV6 3.5リットルエンジン(2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8ATを採用。また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック