Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > レンジローバー スポーツに限定モデル、コネクティビティ機能やドライバー支援システム装備

レンジローバー スポーツに限定モデル、コネクティビティ機能やドライバー支援システム装備

カテゴリ: リリース情報 / 2017年12月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、高級SUV『レンジローバー スポーツ」に特別仕様車「ソリフル」および「マスターピース」を設定し、台数限定で12月27日より受注を開始した。価格はソリフル(15台)が1230万円、マスターピース(60台)が899万円。

限定車はともに、最高出力258ps、最大トルク600Nmを発生する3.0リットルV6ディーゼルターボエンジン(TDV6)を搭載。高い走破性能に加え、コネクティビティ機能やドライバー支援システムを装備する。インフォテインメントシステム「インコントロール タッチプロ」には通信機能を導入し、ドアロックや解除、エアコン操作、走行履歴や車両状態の確認などを遠隔からスマートフォンで行うことができる。また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシスト、アドバンスドパークアシストなど、ドライバー支援システムも充実している。

ソリフルは、「レンジローバー スポーツ HSE ダイナミック」をベースに、サテンブラックのミラーキャップ、テールゲートおよびボンネットの「RANGE ROVER」スクリプト、ダークフィニッシュのヘッドランプおよびリアテールランプ、サテンブラックフィニッシュの22インチのアロイホイールを装備する。

マスターピースは、「レンジローバー スポーツ SE」をベースに、車やキーに触れることなく車外から開閉操作ができるハンズフリーパワーテールゲートやシートヒーター(フロントおよびリア)を搭載する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック