Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > BMWジャパン、新型SUVクーペ X2 の受注を開始 436万円から

BMWジャパン、新型SUVクーペ X2 の受注を開始 436万円から

カテゴリ: リリース情報 / 2018年04月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型SUVクーペ『X2』を日本市場に導入、4月16日より受注を開始した。

新型X2は、全長4375mm、全幅1825mm、全高1535mm、ホイールベースは2670mmと、コンパクトSUV『X1』のクーペ版ともいえるモデル。全高をX1に比べ、86mm低くしたことで、一般的な機械式駐車場にも収まるなど、実用性も兼ね備えている。

数多くの新しいデザインを導入し、キドニーグリルは、下部の幅を広げた他にはないデザインとなっており、大型エアインテークと共に低重心かつワイドな印象を演出。ルーフラインは、従来のクーペスタイルに固執することなく、BMW Xモデルらしい強固な印象を残すやや無骨な形状とすることで、躍動感を表現した。

内装は、ドライバーを中心においたコンセプトとし、低重心のドライバーシートポジションが設定され、スポーティな印象を強調。また、モデル全体にフラットな造形が採用されているため、広々とした室内空間を実現した。

安全面では、ドライビングアシストを全車標準装備。車線逸脱を警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」や前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを備えるほか、ストップ&ゴー機能付のアクティブクルーズコントロールをオプションで用意する。

さらに進化したBMWコネクテッドドライブを全車標準装備。もしもの時に備える「BMW SOSコール」や「BMWテレサービス」に加え、スマートフォンとの連携により利便性を高める新サービスを搭載する。「BMWリモートサービス」では、専用アプリを介して車外からベンチレーションを起動させたり、ドアのロックやロック解除が可能。また、専用アプリ「BMW Connected」を使えば、車内のコントロールディスプレイとiDriveコントローラーを利用して専用アプリ内の様々なコンテンツを愉しむことができる。

パワーユニットは最高出力140psを発生する1.5リットル3気筒および、192psの2リットル4気筒の直噴ターボガソリンエンジンで、いずれも7速デュアルクラッチとの組み合わせ。さらにスポーティな「Mスポーツ X」も用意する。価格は436万円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック