Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > スバル レヴォーグ、改良モデルを発表

スバル レヴォーグ、改良モデルを発表

カテゴリ: リリース情報 / 2018年04月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

SUBARU(スバル)は4月27日、スポーツワゴン『レヴォーグ』改良モデルを発表、6月1日より販売を開始する。

レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに2014年4月に発表。アイサイトをはじめとする最先端の安全性能と、スバルが培ってきたツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴンだ。

今回の改良に際し、スバル60周年特別記念車として、「1.6GT アイサイト スマートエディション」を追加。アイサイトセーフティプラスを標準装備とし、ブラックベゼル付のヘッドランプやダークメッキ+ブラック塗装のフロントグリル、ブラックカラードドアミラー、アルミパッド付スポーツペダルなどの特別な内外装装備を追加しながら、294万8400円というお買い得な価格を実現した。

さらに、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上。また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする。

価格は282万9600円から405万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック