Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > BMW 2シリーズ、アクティブ/グランツアラー新型を発表

BMW 2シリーズ、アクティブ/グランツアラー新型を発表

カテゴリ: リリース情報 / 2018年06月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『2シリーズ アクティブツアラー』と『2シリーズ グランツアラー』の改良新型モデルを6月28日より発売した。

両モデルは2014年、BMWブランド初のFF車、マルチパーパスビークル(MPV)として登場。アクティブツアラーは2列シートの5人乗り、グランツアラーは3列シートの7人乗り。スポーティな走行性能と広い室内空間、快適性・安全性を備え、高い支持を得ている。

今回のモデルチェンジでは、大型化し力強い印象を与える新デザインのキドニーグリルと、新しいヘキサゴナル・デザインが印象的なLEDヘッドライトを採用することで、よりダイナミックなデザインとなった。フロントバンパーは、大型のエアインテークを左右に配した新デザインを採用することで、ワイドな印象を強調するとともに、リアバンパーも大型化した新デザインを採用し、90mm径に拡大したエキゾーストテールパイプとともに、スポーティさと存在感が増したモデルとなっている。

室内は、上質なデザインと広い空間を維持しながら、フロントシートの座面を拡大することで座り心地を向上させた。装備面では、先代モデルに引き続き、レーンディパーチャーウォーニングや、衝突回避・被害軽減ブレーキを含むドライビングアシストを全車に標準装備し、ドライバーの安全走行をサポートする。

また、新型BMW 218iアクティブ ツアラー/グラン ツアラーには7速ダブルクラッチトランスミッションを新たに採用することで、スポーティな走りと高い燃費性能を実現させている。

今回のモデルチェンジでは、スポーティな個性を強調するMスポーツのデザインも一新している。新デザインのフロントバンパーには、ハイグロスブラックのアクセントが施された大型のサイドエアインテークを採用し、M スポーツの力強さを強調。新しいリアバンパーにも、ダークシャドーのアクセントパーツが追加され、よりモダンな印象となっている。

価格はアクティブツアラーが374万円から556万円、グランツアラーが410万円から515万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック