Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > アウディジャパン、R8 LMS GT4の国内販売を本格的に開始 2989万円

アウディジャパン、R8 LMS GT4の国内販売を本格的に開始 2989万円

カテゴリ: リリース情報 / 2018年07月12日

 

アウディジャパンは、『R8クーペ V10』をベースに開発したレーシングカー『R8 LMS GT4』の価格を発表し、本格的に販売を開始する。

GT4は、GT3とTCR(ツーリングカー)の中間に位置するカテゴリー。GT3と同様に、各社から市販モデルをベースとしたレーシングカーがリリースされており、近年ジェントルマンドライバーの受け皿として人気が高まっている。今回販売するR8 LMS GT4は、R8クーペ V10をベースに開発されたレーシングカーで、デリバリー開始から約3か月が経過した2018年3月中旬までに50台を製造し、デビュー戦となった2018年ドバイ24時間レースでクラス優勝を飾るなどその人気が高まっている。市販モデルと60%以上もの構成部品が共通で、生産も同じ独ベーリンガーホフ工場で行われる。この相乗効果により、R8 LMS GT4は価格や維持費をリーズナブルに設定することが可能となった。日本国内では、アウディジャパンのカスタマーレーシングビジネスにおけるパートナーであるアドバンスステップがテスト車両を新たに配備した。

アウディは2009年よりアウディスポーツカスタマーレーシングプログラムを通じて、「R8 LMS GT3」を供給しており、日本でも2012年以来、SUPER GTのGT300クラスに「R8 LMS」で参戦を続けている。また2016年より、『RS3セダン』をベースにしたレーシングカー「RS3 LMS」の販売を開始。現在、スーパー耐久シリーズ ST-TCRクラスに、RS3 LMSで参戦するチームをサポートしている。

アウディスポーツは、プライベートチームに対するスペアパーツの供給、プロフェッショナルなサポートを世界中のネットワークを通じて行う。日本でもパーツトレーラーを国内外のレースに配備するなど、既にR8 LMS、RS3 LMSのためにネットワークを構築している。R8 LMS GT4に対してもこれらの優れたサービスを生かし、モータースポーツシーンでのチームの活動をサポートすることにより、アウディのブランド要素の重要なひとつであるスポーティイメージを強く訴求していく。

R8 LMS GT4は、5.2リットルV10 DOHCエンジンと7速Sトロニックトランスミッションとの組み合わせで最高出力495ps、最大トルク550Nmを発生。 ミドシップエンジン、後輪駆動で左ハンドル。スターターキット、ハンドオーバー作業費用込みで価格は2989万円。輸送費、スペアホイール、その他オプションは別途費用が必要になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック