Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > フラッグシップSUV、DS7クロスバック発売 469万円から

フラッグシップSUV、DS7クロスバック発売 469万円から

カテゴリ: リリース情報 / 2018年07月17日

 

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月17日、DSオートモビルズのフラッグシップであり初のSUVとなる『DS7 クロスバック』を発売した。

フロントマスクはブランドを象徴するDSウィンググリルがより立体的にデザインされ、そこからLEDヘッドライトユニットが左右に伸びて大胆かつ繊細な表情を形作っている。フロントフェンダーは大径20インチホイールを包む力強い面を構成し、その盛り上がりはボディサイドに彫刻的な陰影をつけつつウェストラインに繋がる。リアランプは斜め格子模様をモチーフに3Dエフェクトを与える独創的デザインとなっている。

インテリアでは、細部にわたるパリらしいこだわりの誂えと最新テクノロジーの融合によるフランスならではの新しいラグジュアリーの表現を目指した。高級機械式腕時計の文字盤加工として用いられたギョシェ彫り模様をヒントにセンターコンソールのトグルスイッチ枠など随所に取り入れられている。

また、ナッパレザー仕様の場合はシートのみならずダッシュボードやドアトリム部に小さな真珠が並んだような繊細なステッチが施され、エレガンスを表現している。インストルパネルのインフォデジタルインストルメントパネルには12.3インチ液晶スクリーンを使用し、パーソナライズされたメーターなどの走行情報とDSナイトビジョンの映像を表示。ナビゲーションや各種セッティングを司るセンターコンソール上の8インチHDスクリーンは、Apple CarPlay、Android Autoに対応している。ダッシュボード中央には、クラフツマンシップ溢れるB.R.Mのアナログクロックがエンジン始動とともに180度回転して現れる演出を加えた。また、サウンドシステムはフランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL社と提携し開発した専用品となる。

パワートレインは2.0リットル4気筒クリーンディーゼルと新開発となる1.6リットル4気筒ガソリンターボの2種類から選択可能。ガソリンターボは「DS3 パフォーマンス」に搭載した208psバージョンをさらに進化させ、エギゾーストバルブにも可変タイミング機構を採り入れるとともにフリクションのさらなる低減と過給圧安定のため排気ウェイストゲートバルブを電動化した。また微粒子フィルタを備え、欧州排気ガス浄化基準6.2をクリア。ベーシックグレードの「ソーシック」にはディーゼルエンジン、上級グレードの「グランシック」はディーゼル、ガソリンエンジン双方を設定している。

トランスミッションはPSAグループで初となる8速オートマチックEAT8を搭載。アイシンAWとの共同開発によるEAT8は、これまで以上の低速域でのスムーズさとスポーツモードでのリニアなレスポンスを実現している。オイルポンプを小型化するとともに配置を工夫することで6速バージョンからギアを2つ追加したにもかかわらずケース自体の全長は同等に抑えられ、容積を小さくすると同時に樹脂やアルミへの素材変更により軽量化をも果たしている。またアイドリングストップのマネージメントも6速比で向上させ、走行中でもアクセルオフ時のクラッチを切るフリーホイール制御を行うエコモードを新たに備えるなど、パワートレインの効率化でも最先端のものとなっている。

運転支援テクノロジーでは、前車の完全停止からアクセル操作なしで追従するDSコネクテッドパイロットを搭載。高速道路における同一車線内走行を想定した運転支援機能で、マルチファンクションカメラとミリ波レーダーにより前車との車間距離を保ちながら車線内の任意の位置をキープできる。前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従。高速道路での渋滞にも対応している。

DSアクティブスキャンサスペンションは、マルチファンクションカメラが車両前方5~25mの範囲の路面状況を常時高速スキャンして路面の凹凸を検知する。フィードフォワード制御による四輪のショックアブソーバーの減衰力の最適化とリアマルチリンクサスペンションが相まって、浮遊したまま移動するかのような新世代のDSならではの快適な乗り心地を実現。CセグメントSUV初の装備となる。

DSドライバーアテンションモニタリングでは、ドライバーの注意力低下や疲労を自ら検知する。ステアリングコラム上部にドライバーに向けて設置した赤外線カメラがドライバーの視線や瞼の動きを常にセンシング。わき見や居眠り、疲労を検知することでドライバーに警告や休憩を促す。

DSナイトビジョンは、赤外線カメラで夜間の視界をサポート。夜間走行で前方を赤外線カメラ監視し、その映像をインストルメントパネルに投影する。映像はグレースケールで表示され、前方に人物や動物の存在を認識すると対象物を黄色でハイライトし、さらにそれらが車両の進路と交錯する可能性があると判断した場合は赤色でハイライトしドライバーに注意喚起をする。

DS アクティブLEDビジョンは、左右3個づつ内蔵されたLEDヘッドライトユニットを細かく制御して夜間の最適な視界を提供する。停車から市街地、郊外、高速道路と速度域に応じた4つのモード、ワイパー作動に連動した悪天候モード、さらに対向車や先行車を検知して自動的にロービームに切り替えるインテリジェントハイビームモードの合計6つの配光モードを自動制御する。また、このLEDモジュールは、キーを解錠した瞬間、180°回転しパープルの光を放ちながらオーナーを迎える。

トラフィックサインインフォメーションは、制限速度および進入禁止を認識。これらに関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることができる。

価格は469万円から562万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック