Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ペトロナス社が高性能エンジンオイルを発売

ペトロナス社が高性能エンジンオイルを発売

カテゴリ:クルマ関連ニュース / 2007年01月12日

 
 

マレーシアの石油企業ペトロナス社が、東京オートサロンで高性能エンジンオイル「シンティアム」発売開始を発表

BMWザウバーF1チームをスポンサードするマレーシアの国際的石油・ガス企業ペトロナス社は、日本のマグナインターナショナル(橋本元次社長)を販売代理店として、高性能エンジンオイル「シンティアム」シリーズを日本市場に投入すると発表した。

ペトロナス社は30カ国以上で事業展開し、フォーチュン誌世界企業トップ500に挙げられる国際的なオイル企業。日本でも液化天然ガス市場の23%を押さえている。発売されるトップグレードのオイル「シンティアム5000(0W-30)」は新オイル基準 ILSAC GF4を超える性能を持ち、ハイグレードオイルを要求する日本市場に応えている。他に3タイプのオイルがあり、初年度は名古屋、東京の市場を中心に100万リットルの販売を目指す。

シンティアム5000の4リットル缶希望小売価格は1万500円。発表会場にはF1ドライバーのロバート・クビサも姿を見せ、新オイルをアピールした。
 
 
(右photo)左からマグナの橋本社長、マリカンペトロナスCEO、クビサ選手