Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > BMW「1シリーズ」発売

BMW「1シリーズ」発売

カテゴリ:新車 / 2004年09月24日

 
 

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、BMW 1シリーズを2004年10月9日から発売すると発表した。日本導入モデルは116i、118i、120iの3グレード。発売時期は120iが10月9日、116iと118iの2グレードが同日からの予約注文となる(デリバリーは2005年3月頃の予定)。

ハッチバック車にも"駆けぬける歓び"を


(photo:BMW Japan)

3シリーズに代わってBMWのエントリー・クラスを担う1シリーズは、アルファ147やアウディA3、あるいは新しいVWゴルフなどをライバル車とするプレミアム・コンパクトカー。何と言っても、ライバル車には真似できないFR(フロントエンジン+後輪駆動)であるのが特徴だ。かつてはハッチバック車にもあった後輪駆動だが、現在の小型車は前輪駆動(FF)が圧倒的に主流。それだけにFRならではの操縦性は大きな武器となるところ。もちろん、BMWの掟でもある前後重量配分50:50を踏襲している。

ボディサイズは全長4227mm×全幅1751mm×全高1430mmと、このクラスでは少し大きめ。スタイリングはオーソドクスなハッチバック車だが、新しいBMWのデザインモチーフが随所に入って個性を出す。空気抵抗係数は0.29。インテリアは最新のBMWの文法に則ったもの。ランフラット・タイヤを全車標準装備してスペアタイヤを排除したことで、荷室スペースの確保や軽量化、重量配分の適正化を果たした。

エンジンは1.6リッターと2リッター直4


(photo:BMW Japan)

エントリーグレードの116iはその名の通り1.6リッターだが、118iと120iに搭載されるのはチューン違いの2.0リッターで、改良されたバルブトロニック直列4気筒エンジン。新設計シャシーには、クラス初の5リンク・リア・サスペンションを組み合わせる。もちろん、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)をはじめ、各種電子制御系の安全装置も完備。ブレーキ制御で車両安定を図るASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)は、機械式ディファレンシャル・ロックと同じ機能を持ち、深い雪道や未舗装路、滑りやすい上り坂でのスムーズな発進を助けるという。変速機は全車6速ATと上級車並み。マニュアルギアボックスは今回は用意されていない。

全車右ハンドルで、価格は以下の通り。

■116i(1.6リッター、115ps、6速AT) 288万8000円(10月9日予約受付開始)
■118i(2.0リッター、129ps、6速AT) 324万5000円(10月9日予約受付開始)
■120i(2.0リッター、150ps、6速AT) 366万5000円(10月9日発売)

http://www.bmw.co.jp/