Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、新型車「ノート」発売

日産、新型車「ノート」発売

カテゴリ:新車 / 2005年01月20日

 
 

日産は2005年1月20日、新型コンパクトカー「NOTE(ノート)」を全国で発売した。

SHIFT_ compact flexibility

「NOTE」はマーチ系のBプラットフォームを使った新型コンパクトカー。 ”SHIFT_ compact flexibility”(コンパクトのフレキシビリティをシフトする)をテーマに、マーチ、キューブ、ティーダと続いた日産スモールカーレンジに新たに加わる。

開発・デザインは日本国内で行われたという。同じ日産のBプラットフォームを使い、カタチも何となく似ているルノーのモデュス(欧州で発売済)とは「シャシー以外、まったく関係ありません」(開発スタッフ)とのこと。後ろでキックアップするルーフやそれに沿ったV字型リアコンビランプなどディテールが楽しい。

エンジンは1.5リッターのみ

ボディサイズは全長3990×全幅1690×全高1535mm(FF車)と数字も見た目もコンパクトだが、いわゆるBセグメント(ホンダフィット、VWポロクラス)の上限に近い大きさでもある。

ホイールベースの2600mmは上級車のティーダと同じだが、車重は軽い(FF車で1070kg~)。そこに新世代のオールアルミ後方排気1.5リッターエンジン(HR15DE)を搭載して「これまでのコンパクトカーになかった爽快な走り」を得る。ミッションはCVTで、つまりパワートレインはティーダそのものと言っていい。

2段マルチトランク 

目新しいところでは荷室の使い勝手をボードでアレンジ出来る「2段マルチトランク」。また、このクラスとしては後席の座り心地がいいのもポイントだ。

インテリアも品質感が高く、たいへんオシャレ。ライバル車はホンダ・フィット、マツダ・デミオ/ベリーサ、トヨタ・イストあたりを想定する。車名のNOTEは「NOTE(音符)」と、毎日を記録しておく「NOTE(ノート)」から。

欧州にも投入

販売目標は8,000台/月。生産は神奈川県追浜工場で行われるが、エンジンは愛知機械が供給する。2006年から欧州にも投入する予定だ。価格は126~158万5500円。

DAYSのコメント

すごく整ったデザインで、どこから見てもかっこいいから、これは売れそう。ただ、どこかで見たことのあるデザインだな、というデジャヴ感も強くて、キューブのような個性が感じられないのは残念。1.5しかないという点でもライバルに差をつけているし、1.5としては価格も安い。質感もかなり高くなっているし、広さも十分。他社を徹底的に研究してあり、このクラスを買うなら後出しの分、やはり有利だ。

(photo:DAYS)