Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > プジョー307SW「Griffe(グリフ」、206SW「Quiksilver」発売

プジョー307SW「Griffe(グリフ」、206SW「Quiksilver」発売

カテゴリ:新車 / 2004年02月03日

 
 

「Griffe」はフルレザー仕様の200台限定車


Peugeot 307SW Griffe

プジョー・ジャポンは307シリーズのステーションワゴンである307SW(エスダブリュー)に、フルレザーシートインテリアを採用した「307SW Griffe(グリフ)」を200台限定で追加設定し、2004年2月7日より発売する。

307SWは2002年10月にデビューした307シリーズの人気モデル。パノラミックガラスサンルーフと呼ばれる大型ガラスサンルーフやシートレイアウトが自由に変更できるモジュラーシートを備える。

限定発売される「Griffe」は、2.0リッターエンジン搭載の4AT仕様で、室内にフルレザーを採用した5人乗りタイプ。Griffeは、もともと獣の「爪」、獣が縄張りにつける「爪あと」を意味する言葉で、以前からプジョーでは上級モデルに冠せられる名称。特別装備として17インチアルミホイールやドアステップガード、プロテクションネットも採用。ボディカラーはSWに初採用となるオブシディアン・ブラック、チャイナ・ブルー、ルナー・ミストの3色。価格はベースモデルの307SWの4万円高の285万円となる。

「クイックシルバー」とコラボした206SW


Peugeot 206SW Quiksilver

さらに、コンパクトながらステーションワゴンの機能を持った206SWにも特別仕様車が用意される。スポーツブランド「クイックシルバー」とのコラボレーションによる206SW「Quiksilver(クイックシルバー)」は、仏プジョー社と、サーフィン、スノーボードを中心にスポーツギア、ウェアを展開するスポーツブランド、クイックシルバー社(本社:アメリカ・カリフォルニア州)とのコラボレーションによって誕生したモデル。オートモビル・プジョー社は98年からクイックシルバー社とのパートナーシップをスタートしている。

ベース車は、1.6リッターエンジン搭載の206SW XSの右ハンドル・4ATモデル。特別装備としてクイックシルバー専用シート柄&トリム、メタル調ルーフレール、ラバー製アシストグリップ、クイックシルバーロゴ入りラバー製フロアマット、オリジナルシールエンブレム、アルミ製フューエルキャップ、アルミ製ペダル、16インチアルミホイールを装着。している。ボディカラーはアルミナム・グレー。導入は3月を予定している。価格はベースモデルSW XSの7万円高の220万円。

http://www.peugeot.co.jp/index.html