Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > コーンズ「名古屋サービスセンター」が6/2オープン

コーンズ「名古屋サービスセンター」が6/2オープン

カテゴリ:クルマ関連ニュース , 東海地区の情報 / 2008年05月30日

 
 

ブティック!? 全面ガラス張りのサービス拠点

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、フェラーリとマセラティの最新CIを採用した国内初の整備工場「名古屋サービスセンター」(名古屋市中区)を新設した。

2008年5月30日(金)に内覧会を実施、業務開始は6月2日(月)からとなる。これまで「千種サービスセンター」(名古屋市千種区)が担っていた機能を移管し、東海地区アフターサービス事業の核拠点として、サービス・設備を拡充。オーナーの顧客満足度やブランドイメージの向上を目指す。

ガラスに秘密が! オーナーのプライバシーにも配慮

道路に面した二面を総ガラス張りしたビルは、街並みのランドマーク的存在を目指したということで、夜になると「行灯(あんどん)」のような明るさを放つ。どちらかといえば隅に追いやられがちな従来のサービスセンターのイメージを一新。洗練された建築・設備は、カスタマーが安心して愛車を預けられるゆとりの空間を目指している。またガラスのグラデーション部分には、フェラーリ、マセラティの歴代モデル名をデザインしたシートを使用。近づかなければ分からないほどの文字によるグラデーションは、外部からの目を遮るためのプライバシー保護のほか、遊び心あふれるこだわりを感じさせるものとなっている。