Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、「アコード ハイブリッド」と「アコード プラグイン ハイブリッド」を発売

ホンダ、「アコード ハイブリッド」と「アコード プラグイン ハイブリッド」を発売

カテゴリ:新車 / 2013年06月20日

 
 

ホンダは2013年6月20日、新開発のハイブリッドシステムを搭載した新型「アコード ハイブリッド」と、家庭用電源からの充電が可能な「アコード プラグイン ハイブリッド」を発表した。発売は6月21日から。東京会場とは別に、中部地区での発表会が行われたウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区)からリポート。

主にモーター駆動で走行。JC08モード燃費は30.0km/L


ヘッドライト(ロービーム)にはLEDが採用された

新型アコード ハイブリッドは、「アース・ドリームス・テクノロジー(Earth Dreams Technology)」と称する新世代パワートレイン技術を採用した、ホンダ独自のハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載したモデル。

i-MMDは、ハイブリッド専用に開発された2リッター直4・DOHC i-VTEC アトキンソンサイクルエンジン(143ps、16.8kgm)、走行用モーター(169ps、31.3kgm)、発電用モーター、高速巡航時にエンジンと駆動輪を直接つなぐエンジン直結クラッチ、そしてリチウムイオン電池などで構成される。システム最高出力は199ps。

 

ボディサイズは全長4915mm×全幅1850mm×1465mmとかなり大型化

実際の仕組みは、まず発進と低中速域はモーターのみで走行。そして加速時はエンジンで発電しながら、主にモーターで走行する。そして高速クルージングは、エンジンと駆動輪をクラッチで直結し(つまり変速比は固定)、主にエンジンで走行。つまりホンダ言うところの「EVドライブ」、「ハイブリッドドライブ」、「エンジンドライブ」の3つの走行モードを備える。平たく言えば、ほとんどの領域をモーターの駆動力だけで走行するため、エンジンの駆動力で直接走るのは主に高速巡航時ということになる。

これによって、JC08モード燃費は軽自動車トップクラス並みの30.0km/Lを達成し、トヨタのカムリ ハイブリッド(23.4km/L)やクラウン ハイブリッド(23.2km/L)を大きく上回った。

プラグイン ハイブリッドなら電気だけで37.6km走行可能


アコード プラグイン ハイブリッド

アコード プラグイン ハイブリッドは、リチウムイオンバッテリーをさらに大容量とし、家庭用電源からの充電(プラグイン)を可能にしたもの。EVでの走行可能距離は37.6kmで、「日常走行のほとんどをEV走行できる」とうたう。JC08モード燃費(プラグインハイブリッド燃料消費率)は70.4km/L。ただしこちらは少なくとも当面、主に法人企業や官公庁を対象としたリース販売になる。

 

(photo:Honda)

北米にはガソリン車もあるが、日本国内向けはハイブリッドのみで、販売計画台数は月間1000台。生産は埼玉製作所(狭山工場)で行われる。広告キャッチコピーは「セダン愛。」、「超アコード。」など。

価格は、アコード ハイブリッドの標準グレード「LX」が365万円、CMBS(衝突軽減ブレーキ)やACC(アダプティブ クルーズ コントロール)を標準装備した「EX」が390万円。プラグイン ハイブリッドは500万円。

デイズのコメント


トランク容量は381リッター+17リッター(床下収納)。トランクスルー機能はない

走行シーンに応じて、エンジンと駆動輪がつながったり切れたりはあまりせず、エンジンは基本的に発電用パーツ(駆動輪とつながるのは主に高速巡航時だけ)。つまり、基本的にはエンジンで発電用モーターを回し、その電気で別の走行用モーターを回して走る、と考えると分かりやすい。要は「ほとんどシリーズハイブリッド方式=EVに近い」ゆえ、この燃費が実現できた模様。

ホンダは国内向け上級セダンがもはや今回のアコード ハイブリッドしかないので、この燃費の良さがあれば、ホンダファンの熟年層にかなり人気が出るのでは。先代にあったワゴンの予定はないようだが、出せばセダン並みに売れるはず。電池搭載位置の検討は必要だろうが、ぜひ発売してもらいたい。