Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、プレミオ/アリオンをフルモデルチェンジ

トヨタ、プレミオ/アリオンをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 / 2007年06月04日

 
 

トヨタはプレミオならびにアリオンをフルモデルチェンジし、6月4日に発売した。発表が行なわれたトヨタ博物館(愛知県長久手町)からリポート。

「5ナンバーセダンの完成形」

今回の新型プレミオ/アリオンは約6年半振りのモデルチェンジ。といっても全長4.6メートル以下、5ナンバー枠内のボディサイズが示すように、シャシーは従来のものをベースに、剛性アップや足回りの設定変更、静粛性アップなどの改良を施したもの。コンセプトはずばり「5ナンバーセダンの完成形」だ。

スタイリングはプレミオでは高級感を、アリオンではスポーティさを追求。クラウンやカムリ、マークXといった上級モデルのモチーフを巧みに取り入れている。

エンジンは1.5リッター(1NZ-FE)ならびに新世代1.8リッター(2ZR-FE)を搭載。変速機を全車CVT(無段変速機)とするなど、基本的にはカローラアクシオと同様の進化だ。07年冬には2リッターエンジンを追加予定という。

新世代の「G-BOOK mX」を採用

装備面で新しいのは最新世代の「G-BOOK mX」の採用だ。HDDナビの地図を最新情報に更新するサービス「マップオンデマンド」、バックカメラで自車の走行レーンを認識する高精度の位置情報表示、他のG-BOOK mX搭載車からの情報をシェアし、高精度な渋滞情報を提供するプローブ機能が加わった。

全車標準となったスマートエントリー&スタートシステムのスタートボタンは、一部トヨタ車と異なり、「この方が使いやすいし、国内専用車なので」とステアリング右側に配置されている。

外寸そのままで、室内を拡大

外寸を5ナンバー枠に収めたまま、工夫を凝らすことで室内長は+80mm、室内幅は+55mm拡大されている。リクライニング可能なリアシート、背もたれを倒してのトランクスルー、大容量トランクも引き続き採用されている。

生産は堤工場(豊田市)で、月間の販売目標はプレミオが3000台、アリオンが3000台の計6000台。価格はプレミオが175万3500円-243万6000円、アリオンが174万3000円-233万1000円。CMタレントは、プレミオに樋口可南子、アリオンに小林薫が起用されている。

デイズのコメント

5ナンバー枠(価格的にも200万円前後)で出来ることをすべてやった、という自信作。エクステリアデザインは目一杯な感じで、余裕ある美しさには至ってはいないが、内装は上質感も広さも、使い勝手も高レベル。つや消し木目調パネルにはシボ(というか木のざらざら感)がつけてあり、新鮮な印象だ。トランクの広さもたっぷりで、実用性は高そう。いまでも走っているカリーナあたりから、ヴェロッサやブレビスといったあたりまでの代替えに応えることになりそうだ。

(写真:DAYS)

トヨタ公式サイト>プレミオ

トヨタ公式サイト>アリオン