Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、アルファード/ヴェルファイアを発売

トヨタ、アルファード/ヴェルファイアを発売

カテゴリ:新車 / 2008年05月12日

 
 

新型ヴェルファイア(上)と2代目アルファード(下)。トヨタ博物館にて

トヨタは2008年5月12日、トヨペット店向けの大型高級ミニバン「アルファード」をフルモデルチェンジして発売し、同時にネッツ店向けの兄弟車「ヴェルファイア」も発売した。東海地区の新車発表会が行われたトヨタ博物館(愛知県長久手町)からリポート。

-45mmの低全高化と-55mmの低床化

新型の特長は、まず新開発の低床プラットフォームを採用したこと。これは現行(3代目)エスティマからの発展版と言えるもので、-45mmの低全高化と-55mmの低床化によって操縦安定性の向上を図っている。前マクファーソンストラット、後トーションビームのサスペンションも現行エスティマからの発展版で、先代アルファードとは形式こそ同じだが別物だ。

 

ボディサイズ(アルファード240G・FFの場合、先代比)は、全長4850mm(+10)×全幅1830mm(+25)×全高1890mm(-45)。背は低くなったが、室内の広さは従来並みを確保している。セカンドシートには「エグゼクティブパワーシート」を上級グレードに採用。これはその名の通り“社長の椅子”のように立派なアームレストとヘッドレストを備えたものだ。

 

アルファードはキープコンセプトのスタイリングだが、ヴェルファイアはノア/ヴォクシーの関係にならって、それとは明確に異なるスポーティなデザインとされ、特に上下2段構えのヘッドライトが特徴となっている。ちなみにVellfireという車名は、velvet+fireからの造語とのこと。

2.4LはCVT化で約20%燃費向上

パワートレインは先代の2.4リッター直4(159ps)+4ATおよび3.0リッターV6(220ps)+5ATに代えて、2.4リッター直4(170ps)+CVTおよび3.5リッターV6(280ps)+6ATを搭載。特に2.4リッター直4は、主にCVTの採用によって10・15モード燃費を従来の9.7km/Lから約20%増しの11.6km/Lへと改善。直4はレギュラー仕様、V6はハイオク仕様となる(もちろんレギュラーの使用も可)。その他の燃費向上対策として電動パワーステアリングも新採用された。

安全装備の充実も大きなトピックで、フロント×2、運転席ニー(膝)×1、サイド×2、カーテン×2の計7エアバッグ、前席アクティブヘッドレスト、ステアリング/ブレーキ/トラクションコントロールの協調制御を行うS-VSCを全車に標準装備している。

目標6000台で、価格は300万~450万円

アルファードのテレビCMは、従来より若々しく、ユアン・マクレガーを起用。ヴェルファイアでは特にタレントを使わず、硬派に力強さを訴える。生産はトヨタ車体(株)のいなべ工場(三重県いなべ市)で、目標販売台数は各3000台の計6000台。価格とグレード設定はアルファードもヴェルファイアも実質的に同じで、以下の通り。

■「アルファード」 300万円(240X・FF)~450万円(350G“Lパッケージ”)
■「ヴェルファイア」 300万円(2.4X・FF)~450万円(3.5V“Lパッケージ”)

バーチャル発表会で、豊田副社長がアバターで質疑応答


左が名古屋の発表会に出席した豊田副社長、右が東京の発表会に出席したタレントの釈由美子さんのアバター

なお今回の新車発表会の直後に、トヨタにとっては初の試みとしてインターネット上の3次元仮想都市「トヨタメタポリス(Toyota Metapolis)」でのバーチャル新車発表会が行われた。これはトヨタ博物館の発表会場に出席していた豊田 章男 副社長のアバター(avatar=ネット上の分身)が、事前に抽選で選ばれた一般の参加者からリアルタイムで意見や質問を募り、答えるというもの。まだベータ版による半実験段階ではあるが、実車のカタログ請求等が可能なほか、今後は車両のバーチャル販売や試乗、チューニングなど、仮想世界ならではの可能性を追求してゆくという。

DAYSのコメント

2年前に登場した3代目エスティマのプラットフォームを用いて、走りと装備にエスティマ以上の上質さと快適性を求めたのが新型アルファード/ヴェルファイアだ。エスティマのミニバンらしからぬ操安性をベースとし、快適さでは明らかにその上を行く設定。チョイノリの印象では、ファミリーミニバンとしてならこちらの方がいいと感じられた。室内地上高が下がった分、乗り込みやすいのもうれしい。ただし最高級ミニバンという割に、内装からそれにふさわしいだけの高級感が感じられないのはちょっと残念だ。ヴェルファイアは上級車種不足のネッツ店にとって救世主となるだろう。ヴォクシーからの相当な乗り替えが期待できる。

 

トヨタ>アルファード http://toyota.jp/alphard/index.html

トヨタ>ヴェルファイア http://toyota.jp/vellfire/index.html

トヨタ自動車>プレスリリース http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/May/nt08_030.html

トヨタ>メタポリス http://metapolis.toyota.co.jp/index.html

(Photo:DAYS)