Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 新型アウディTT ロードスターを発売

新型アウディTT ロードスターを発売

カテゴリ:新車 / 2007年06月15日

 
 

アウディ ジャパンは6月13日(水)、2代目となる新型アウディTT ロードスターを発売した。

今回の新型TTロードスターは、2代目TTクーペ(2006年後半に日本導入)がベースの2人乗りオープンモデル。アルミ/スチール混成のASF(アウディ・スペース・フレーム)構造は基本的にクーペ譲りだ。

フルオート電動油圧ソフトトップ(幌)は、約12 秒でオープン、約14 秒でクローズドとなり、しかも現行ポルシェ(911、ボクスター)同様に、走行中(約50km/h以下)の開閉が可能となった。また、ソフトトップを閉じた時の空気抵抗係数は、オープンモデルとしては異例に低い0.32となっている。

今回導入される「TT Roadster 2.0 TFSI」のエンジンは、TTクーペ 2.0 TFSIと同じ2リッター直噴ターボ。最大出力200ps(147kW)、最大トルク28.5kgm(280Nm)を発揮し、6速Sトロニック、すなわちツインクラッチ式のいわゆる6速DSGを通して、前輪を駆動する。車重はクーペ 2.0 TFSIの70kg増しとなる1410kgに収まっている。右ハンドルのみで、価格は479万円。


初代TTロードスターが日本に導入されたのは2000年。国内での累計販売台数は1064台で、日本市場におけるアウディTT全体の約12%を占めるのこと。

(写真:アウディ ジャパン)

アウディ公式サイト http://www.audi.co.jp/

アウディ正規販売店の情報はこちら