Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型「bB」発売

トヨタ、新型「bB」発売

カテゴリ:新車 / 2005年12月26日

 
 

トヨタは「bB」をフルモデルチェンジして2005年12月26日に発売した。新型の開発テーマは「クルマ型Music Player」だ。

「音・光・まったり」

初代bBは個性派コンパクト2boxとして2000年2月に登場。今回の新型は新たに「クルマ型Music Player」を開発テーマに掲げ、「いつも音楽に囲まれて暮らしたい」という若い人の要求に応えるクルマにしたという。キーワードは「音・光・まったり」。オーディオや室内のイルミネーション、フロントシートの座面が約80mm沈み込む「マッタリモード」を採用する。

音に連動するイルミネーション

トップグレードの“Qバージョン”は、フロントピラーおよびインパネのツィーター(4個)、フロントドアスピーカー(2個)、フロントセンターコンソールのサブウーハー(1個)、リアCピラーのダクトスピーカー(2個)から成る計9スピーカーを装備。さらに各スピーカーリング部は「音連動イルミネーション」でブルーに光る(運転に支障をきたさないよう、Pレンジ以外では減光する)。それ以外のグレードではオーディオヘッドユニットをオプションとして、ユーザーの好みで選べるようになっている。

ベースはパッソ

ボディサイズは全長3785(一部3800mm)×全幅1690mm×全高1635mm。ホイールベースは2540mm。プラットフォームはヴィッツではなくトヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーンがベースで、ホイールベースは100mm延長されている。エンジンは1.3と1.5リッター、変速機は全車トルコンの 4AT。生産はダイハツ本社の池田工場で、販売はネッツ店のみ。販売目標は月間5000台で、価格は134万4000円~184万8000円(4WD含む)。

DAYSのコメント

まさに若者マーケティングの結果というクルマ。ホンダSM-Xに近いコンセプトだが、SM-Xから10年、より貧乏になった今の若者にこのコンセプトが通じるのかは未知数だ。i-podなどのソリッドオーディオがラインでしかつながらないのは残念。トランスミッター内蔵の専用台が欲しかったところ。LEDが室内にたくさん設置されているが、バッテリーあがりのリスクはLEDよりオーディオの音量に由来する。そのためか寒冷地仕様バッテリーを搭載。外観は北米市場(サイオン)を見据えて作られた造形にも見えるが、サイズがずいぶん小さいので、もしかしたらこのままでは出ない?

プレスリリース
トヨタ公式サイト「bB」

(photo:DAYS)