Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ダイハツ「ビーゴ」、トヨタ「ラッシュ」発売

ダイハツ「ビーゴ」、トヨタ「ラッシュ」発売

カテゴリ:新車 / 2006年01月17日

 
 

ダイハツとトヨタは1月17日、テリオス/キャミの後継となる新型コンパクトSUVを発売した。従来同様FRベースの本格4WDで、今回は5ナンバー幅一杯を使う。

トヨタ最小SUV

「ベストコンパクトSUV」を目指したビーゴ/ラッシュのボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1705mm。ホイールベースは 2580mmと先代より160mmも長く、室内空間や荷室容量(380~755L)は大幅にアップした。外観は初代RAV4やホンダHR-V(販売終了)を思わせるサイズだが、トヨタにとってはSUVラインナップの最小モデルとなる。

FRベースの本格4WD

ミニRAV4風のスタイリングは、オーバーハングの短さが印象的。フロントに縦置されるエンジンは先代1.3リッターを進化させた新開発の1.5リッター「3SZ-VE」(109ps、14.4kg-m)。フルタイム4WDシステムは、メカニカルセンターデフ(デフロック機構付き)と「ダイレクトトラクションLSD」(後輪)を持つ本格的なものだ。そこまでの悪路走破性を求めない人には、従来同様にFRモデルも用意されている。

シャシーは新開発のビルトインラダーフレーム式モノコック。エンジン縦置きによって前輪切れ角を確保し、215/65R16という大径タイヤながら最小回転半径を4.9メートルに抑えた。電子制御系の装備としては、4WD車にVSC、4WDのAT車にDAC(ダウンヒル・アシスト・コントロール)とヒルスタートアシストをオプション設定している。

企画開発からトヨタが参加


ビーゴという車名は英語の「Be」と「Go」、ラッシュは英語の「Rush(勢いよく進む)」から付けられた。先代はダイハツが開発・生産してトヨタに OEM供給していたが、新型は企画・設計段階からトヨタが参加している。販売目標はダイハツが500台、トヨタが1500台。価格は159万6000円~195万3000円。

DAYSのコメント

先代にあたるテリオスは年間3万5000台を輸出していたという。半分近くが南米、1/4が欧州、そのほか東南アジア、中近東、アフリカと、オフロードが多い地域の足となっていたわけだ。軽がベースのテリオスより少しだけ大きなサイズのクロカン四駆は、世界が望んでいたクルマといえそう。国内においても「ライバル無し(ダイハツ首脳)」と言い切られる状況。RAV4のボディサイズが大きくなってしまった現在、トヨタの販売力も加わって、意外にヒットするかもしれない。

(photo:DAYS)

ダイハツ・プレスリリース
ダイハツ公式サイト「ビーゴ」

トヨタ・プレスリリース
トヨタ公式サイト「ラッシュ」