Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型車「ベルタ」を発売

トヨタ、新型車「ベルタ」を発売

カテゴリ:新車 / 2005年11月28日

 
 

トヨタは、新型車ベルタ“BELTA”を11月28日に発売した。プラッツの後継だが、イタリア語で「美しい、美しい人」という車名と共に、女性層にアピールする。

トヨタ最小セダン

ヴィッツベースの「トヨタ最小セダン」である点は旧プラッツと同じだが、やや地味なイメージを払拭すべく、コンセプトと車名を一新して登場したのが今回のベルタだ。美しさにこだわった理由は、3ボックスを好むシニア層に加えて近年増えつつある女性ユーザーに訴えるため。CMキャラクターには鈴木京香を起用する。

プラットフォームはもちろん2代目ヴィッツと共有するが、ボディ外板やインテリアなど目に見える部分は全てベルタ専用。ホイールベースは90mmも延長され、後席のフットルームなど居住性も大幅に向上している。全長は4300mmながら、トランク容量は475リッターと上級セダン並み。一方、全高は1460mm(2WD)とヴィッツより60mmも低く、スタイリング重視なのがうかがえる。

1リッターと1.3リッター

エンジンはカローラに遠慮して?1リッターと1.3リッターの2種類で、1.5は用意されない。10・15モード燃費で22.0km/Lを達成した1リッターは、ヴィッツやパッソでおなじみの3気筒「1KR-FE」ユニット。いずれのエンジンも2WDではCVT(無段変速機)と組み合わされる。

生産は関東自動車工業の岩手工場。10月に稼動し始めたばかりの新ラインで行われ、10万台規模の生産が可能という。国内の販売目標は3000台で、価格は132万3000円~175万3500円。メインマーケットはやはり海外となるだろうが、その詳細は検討中とのこと。

DAYSのコメント

新車発表時点では、はっきりしていないとされたが、いずれ世界中で売られるであろうベーシックセダン。とはいえ、日本国内においてはトヨタヒエラルキーのもとで、1.3リッターまでという縛り、必要以上に豪華にしてはいけないという縛りがあって、「分をわきまえた」スタンスに位置してしまう。インパネも上質だし、シートも柔らか、G-BOOKアルファからインテリジェントキーまで装備も充実。ハード面では何の不満もないが、肝心のスタイリングは、確かにプラッツよりはずっと良いしよくやっているとは思うが、かっこいいというほどではない。ちょっとエグめのグリルデザインが評価を分けそうだ。

(photo:DAYS)