Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、ブレイドに3.5リッターV6を搭載

トヨタ、ブレイドに3.5リッターV6を搭載

カテゴリ:新車 / 2007年08月02日

 
 

トヨタは2007年8月1日、ブレイドに3.5リッターV6エンジン搭載の新グレード「マスター」を追加設定して発売した。

「マスター」および上級グレードの「マスターG」は、3代目エスティマに搭載された3.5リッターV6「2GR-FE」(280ps、35.1kgm)と6速AT(パドルシフト付)を搭載した上級モデル。2.4リッター直4(167ps、22.8kgm)のブレイド(FF仕様)に比べて車重は80kg増えたが(マスターGで1480kg)、パワーウエイトレシオは高性能スポーツカー並みの約5.3kg/psに達している。

直4モデルには4WD車もあるが、マスターはFFのみ。足回りも専用チューンとなり、17インチタイヤ、大径16インチディスクブレーキを採用。10・15モード燃費は10.2km/Lとなっている。

外観はメッシュタイプの専用フロントグリル、専用リヤエンブレムを装着。インテリアには本革巻シフトレバー、メッキ加飾付きのシフトゲートパネルを採用して高級感を高めたという。衝突被害の軽減を図るプリクラッシュ・セーフティ・システム(ミリ波レーダー方式)やレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)も用意した。

価格は「マスター」が277万2000円、「マスターG」が323万4000円。通常のブレイドのおよそ50~70万円アップとなる。

トヨタ公式サイト>ブレイドhttp://toyota.jp/blade/index.html