Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > メルセデス・ベンツ、新型Cクラスセダンを発売

メルセデス・ベンツ、新型Cクラスセダンを発売

カテゴリ:新車 / 2007年06月22日

 
 

ダイムラー・クライスラー日本(DCJ)は6月22日、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型メルセデス・ベンツ Cクラスのセダンを発売した。

アバンギャルドとエレガンスの2コンセプト

新型Cクラスは「アバンギャルド」と「エレガンス」の2つのコンセプトで登場。特徴的なのはフロントグリルで、エレガンスは従来のいわゆるベンツグリルだが、アバンギャルドはクーペ系でよく用いられるスリーポインテッドスターを大きくグリルセンターにあしらったタイプとなり、よりスポーティな印象を強めている。

「アジリティ」と「コンフォート」を両立

アジリティ(俊敏性)とコンフォート(快適性)の両立が新型Cクラスのテーマとなり、減衰特性を可変させる「セレクティブ・ダンピングシステム」や車速感応式パワステ「パラメーター・ステアリング」から構成される「アジリティ・コントロール(Agility Control)」を採用。先代比-8㎏(ホワイトボディ比)の高剛性ボディや、前後重量配分(52:48)、全幅1800㎜を切ったサイズにもこだわっている。全車標準装備のHDDナビはメルセデスおなじみのコマンドシステムだ。

価格は450万-664万円

エンジンは184psとなった1.8リッタースーパーチャージャー付4気筒(5速AT)、および自然吸気の2.5リッターと3リッターのV6(いずれも7速AT)を搭載する。価格は「C200コンプレッサー」のエレガンスが450万円、アバンギャルドが460万円。204psの「C250」(9月下旬よりデリバリー)はそれぞれ558万円と570万円、231psの「C300」はアバンギャルドSのみで664万円となっている。

(右写真、上も)新型Cクラスを発表するダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長

デイズのコメント

ある意味、特異なエクステリアデザインが売りだった先代から、すっかり先祖返りした新型Cクラスだが、先代になじめなかった「保守的な」メルセデスファンには待望のモデルといえそうだ。2タイプとなったグリルは、伝統的なメルセデスグリルですらが、最近の派手なグリルデザイン競争の中で「地味なイメージ」に埋没しつつあることを象徴している。形が地味になったゆえ、アバンギャルドグリルくらいの押しがないと、このクラスでは存在感を示せないわけだ。まあそれでも、おとなしいグリルは残ったから「保守的な」メルセデスファンも安心して買える。数を売るためにはこの手法は正解だろう。ユーロ高に影響されないよう努力したという価格も手ごろなところだ。

(Photo:DAYS)

メルセデス・ベンツ公式サイト>Cクラス セダン
ダイムラー・クライスラー日本