Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、カー用品でFrancfranc等とコラボし、販売を強化

トヨタ、カー用品でFrancfranc等とコラボし、販売を強化

カテゴリ:クルマ関連ニュース , 東海地区の情報 / 2013年05月31日

 
 

トヨタ自動車は2013年5月31日、カー用品において、新たに他業種とコラボレーションし、女性向け商品を充実するなどの販売強化に取り組むことを発表。同日、トヨタ名古屋本社のミッドランドスクエアで、メディア向け説明会を開催した。

通販ブランド「ハピカラ」で販売。ターゲットは女性

今回、トヨタがカー用品でコラボレーションするのは、インテリア用品の「フランフラン(Francfranc)」、通販大手である千趣会のブランド「ベルメゾン(BELLE MAISON)」、愛犬用グッズを手がけるドイツの「ハンター(Hunter)」、トヨタの子会社でカー用品を手がけるタクティーの新ブランド「カー良品」の4つ。これまで男性視点だったカー用品に、異業種ならではのアイディアやセンスを取り込み、女性のニーズに応えてゆくのが主な狙い。

 

新しいカー用品の取り組みを紹介するトヨタ自動車常務役員の佐藤康彦氏

販売方法としては、カーグッズ通販サイト「ハピカラ」(ハッピーカーライフの略)を立ち上げ、女性になじみやすい通信販売(インターネットや電話)をメインとした。一人で量販店に行きにくい女性にも、気軽にカー用品を買ってもらう、という狙いがある。また、小冊子の通販カタログも用意され、全国のトヨタ販売店で配布されると共に、一部商品を除いては販売店での販売および取付も行われる。

「フランフラン」とコラボ。愛犬用グッズも用意


フランフランが手がけた用品でトータルコーディネイトしたアクア

中でも注目は、女性に人気のフランフランとのコラボ商品。会場にはフランフランが3つのテーマに分けてトータルコーディネイトした3台のアクアを展示(同日に内装や装備設定のマイナーチェンジが実施された)。シートカバーやクッション、小物などで、フランフランらしい世界を提案した。同ブランドの商品アイテム数は約60点で、シートカバーなどは今のところアクアやポルテ/スペイドなどに用意されている。なお、フランフランのカー用品については、製造・販売を自動車内装サプライヤー大手の林テレンプが担当している。

 

こちらはベルメゾンの用品。紫外線対策グッズなどが並ぶ

またベルメゾンの商品は、千趣会が得意とするレディースファッションや小物、グッズが主となる(約50点)。ハンターについては、堅調なペット市場に対応するもので、犬を飼うユーザー向けにペット用カー用品をラインナップ(約40点)。カー良品については、タクティーがトヨタ系のカー用品店「ジェームス(jms)」で販売する商品のうち、約3000点をハピカラで販売する。

ひとまず初年度の事業目標は、会員数20万人、売上5億円規模。

 

こちらはタクティーが手がける「カー良品」。車両専用設計の電源ボックスやドリンクホルダー、ナビシェードなど、こちらは古典的なカーグッズの世界

フランフランの用品。おしゃれなデザインの携帯滑り止めマットなどは非トヨタ車オーナーにも売れそう

ハンターの用品。車内で使いやすい犬用のマットやケージなど
 

【外部リンク】
トヨタ自動車>プレスリリース>トヨタ、カー用品の取り組みを強化 (2013年5月31日)