Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > シビック Type Rがマイナーチェンジ

シビック Type Rがマイナーチェンジ

カテゴリ:新車 / 2004年01月23日

 
 

ヘッドライトが6灯式に。前バンパーなど内外装をデザイン変更

ホンダは2004年1月23日、シビックのスポーツモデルである「シビック Type R」をマイナーチェンジして発売した。

変更内容は、新デザインのフロントバンパーとリアコンビネーションランプ、そしてプロジェクタータイプの6灯式ヘッドライトや赤と黒のツートンカラーのレカロ社製シートなどの採用。イモビライザーも標準装備された。ボディカラーにはチャンピオンシップホワイトのほか、新しくサテンシルバーメタリックが設定された。

シビック type Rは他のシビックと異なり、英国のHonda of the U.K. Manufacturing(HUM)で生産され、日本に輸出されるスポーツモデル。販売目標は月間50台(Type R、国内のみ)。価格は222万円(2.0リッター、6MT)。 パッケージオプションの「Cパッケージ」(オートエアコン、パワーウインドウ、パワードアロック、キーレスなど)が33万円となる。

http://www.honda.co.jp/