Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、クラウンをフルモデルチェンジ

トヨタ、クラウンをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2003年12月22日

 
 

トヨタは2003年12月22日、クラウン(「ロイヤル」シリーズとアスリート)をフルモデルチェンジして発売した。V型6気筒を新しく採用するなど「革新」をテーマとした新型だ。東海地区での新車発表が行なわれたトヨタ博物館からリポート。

12代目は「ゼロクラウン」

初代クラウンは1955年に登場。以来半世紀にわたって「日本の高級車」を代表してきた。12代目となる新型は「ゼロ・クラウン」、つまり「原点からのクルマづくり」という発想で、受け継ぐべきは受け継ぎながら「革新すべきところは革新した」(開発スタッフ)という。

それを最も象徴するのがエンジンを伝統の直列6気筒からV型6気筒に変更した点。軽量、前後長の短さ、環境性能など、様々な点で有利というのがその理由だ。新開発の直噴3.0リッター(256馬力)および直噴2.5リッター(215馬力)の2本立てとなり、前者に5速AT、後者に6速ATを搭載する。

サイズは全長4840(先代比+20)×全幅1780(同+15)×1470(同+15)mmと、先代からの拡大はわずか。だが、ホイールベースは+70mmの2850mmと、パッケージング面での大きな進化がうかがえる。スラントしたフロント、「書の勢い」がモチーフのサイドビューで、スタイルはぐっと若々しくなった。CD値は0.27を達成。

先端装備ではハリアー、セルシオに続いてAFS(光軸可変ヘッドライト)やプリクラッシュセーフティシステムを用意。ランドクルーザー・シグナスで設定のあったナイトビュー(夜間走行時の視認性を赤外線でアシスト)の発展型も用意された。

販売目標は5,000台/月。縮小傾向の国産高級セダン市場を拡大すると共に、現在8割を占めるという同シェアのさらなるアップを目指す。ユーザー層の若返りを図るべく、アスリートの販売にも力が入れられるようだ。価格は「ロイヤル」シリーズが315~499万円(4WD含む)、アスリートが350~490万円。

デイズのコメント

ロイヤルの3.0リッターと2.5リッターにチョイ乗りした感じでは、パワフルなエンジンと足のしっかり感がよく分かった。400万円でベンツのC180を買うなら、もう迷わずクラウンの方がいいといえる。この仕上がりを持って少し若い層へ売り込みを図りたいのがトヨタの思惑だが、それにはブランド戦略が深く関わっているように思う。つまり、現状でクラウンはトヨタ店の頂点だが、レクサス店ができたあとは新型マジェスタがセルシオと名を変えてトヨタ店の頂点になるのでは、と思うのだ。その場合クラウンはもう少し若い層に売る必要がある。それ故の今回のモデルチェンジなのでは。新しいクラウンを見ながら、そんな想像をたくましくしてしまった。