Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > マツダ、デミオをフルモデルチェンジ

マツダ、デミオをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2007年07月06日

 
 

マツダは2007年7月5日、デミオをフルモデルチェンジして発売した。「パーソナルなコンパクトカー」を目指した3代目デミオを、東海地区の発表会&試乗会が行なわれたヒルトン名古屋(中区栄)からリポート。

3代目はデザインや燃費性能を重視

マツダ・デミオは、機能性を前面に打ち出した「自由形ワゴン」こと初代(1996年)の累計販売台数が47万台、2代目(2002年)までの国内累計生産台数(07年5月末まで)が104万台以上という、国内マツダの最量販モデルだ。

3代目となる新型はこれまでの機能重視から、デザインや環境性能(燃費等)志向に路線を変更。Zoom-Zoomのテーマに沿った「パーソナル・スマート・コミューター」を目指して開発された。

スポーティになった外観デザイン

スタイリングは初代、2代目のボクシーなものから、Cd値(空気抵抗係数)0.32を謳う抑揚の効いたデザインに変身。ボディサイズ(先代比)は全長3885(-40)×全幅1695(+15)×全高1475mm(-55)と小型化され、従来のようなマルチユース志向ではなく、パーソナル感を強めている。テーマカラーでもある新色「スピリティッド・グリーンメタリック」が初代サバンナRX-7(SA22型)を彷彿させる、と思うのは40代以上の男性だけか。

100kg軽量化、新1.3L+アイシン製CVTを採用

「環境・安全」の筆頭項目である燃費対策は、まず車重を前モデル比で約100kgも軽量化。これにより、FFモデルのほとんどを車重1000kg以下として、重量税の軽減も行なっている。

(右写真)東海マツダ販売株式会社 の保坂 浩 代表取締役社長

排気量1.3/1.5リッターのエンジンは、基本的に従来MZR系の改良型だが、看板モデルとして新開発の1.3リッター自然吸気ミラーサイクルエンジン+CVT(無段変速機)搭載車「13C-V」を用意。ミラーサイクルとは、吸気バルブの制御によって実質的な圧縮比を膨張比より小さくして低燃費を狙う技術で、かつてマツダは高級車のユーノス800(1993年)で採用したことがある。マツダ車で初となるCVTは、トヨタ・ヴィッツ系やスズキ・スイフト同様、アイシンAW製だ。また、パワーステアリングも電動化(コラム内蔵式)された。

これらにより、10・15モード燃費は1.3リッター・4AT/5MT車で21.0km/L、1.3リッター・CVT車「13C-V」で23.0km/L、1.5リッター・CVT車でも20.0km/Lを達成している。

価格は112万5000円~158万円

販売目標は月間5000台(年間6万台)。国内の生産予定は年間13万台で、残りの7万台が輸出(オセアニア、アジアなど)となる。価格は1.3リッター(5MT、4AT、CVT)が112万5000円~155万4250円(電動4WDの「e-4WD」車を含む)。うちミラーサイクル・CVTの「13C-V」は131万円。1.5リッター(5MT、CVT)の「15C」が136万円、「Sport」が158万円。

デイズのコメント

素晴らしき広島産5ナンバーサイズデザイン、愛知三河産CVTなど、地方産物の良さを集めてできたグローバルカー。発表会も全国5カ所(東・名・阪と広島、山口防府)と力の入った展開をみせるニューデミオ。早速ホテルの周りを周回する試乗を行ったが、内装の仕立てもよく、1.3リッターCVTはノイズ少なくトルクもあり、と十分な印象だった。ただ、これまで東海地区のこのクラスで10%以上のシェアを確保してきたというものの、スタイリッシュなカタチ、他社同様のCVTとしたことで、今後ライバル車との競争激化は間違いないだろう。

(写真:DAYS)

マツダ公式サイト>デミオ http://www.demio.mazda.co.jp/