Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタとホンダ、デトロイトでピックアップのコンセプトを発表

トヨタとホンダ、デトロイトでピックアップのコンセプトを発表

カテゴリ:新車 / 2004年01月10日

 
 

トヨタは「FTX」コンセプト

20040109203527_1.jpg
トヨタ 「FTX」

米国トヨタ自動車販売(TMS)は2004年1月4日、北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)にて、フルサイズのコンセプト・ピックアップトラック「FTX」を発表した。

FTXコンセプトの最大の特徴は、見ての通り迫力のスタイル。デザインはトヨタの北米デザイン拠点、キャルティ(カリフォルニア州ニューポートビーチ)。乗用車販売で急激に北米シェアを伸ばすトヨタだが、ドル箱であるフルサイズトラック市場はビッグスリーが俄然強い。60~70年代に名車ランドクルーザーで北米市場の足がかりをつかんだトヨタとしては、タフなイメージが重要な同分野でもブランド力を発揮したいと考える。

20040109203527_2.jpg
トヨタ 「FTX」

FTXは、6メートル近い全長を持つダブルキャブ仕様で、後部ドアは観音開きとなる。ワークホースというよりは、豪華なレジャービークルという方向性だ。エンジンはV8ハイブリッドという想定で、V6エンジン並みの燃費を誇るという。ちなみに北米トヨタには市販のフルサイズピックアップトラック「タンドラ」が存在する。

ホンダは市販を想定した「SUTコンセプト」

20040109203527_3.jpg
ホンダ「SUTコンセプト」

一方、ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは1月7日、同じデトロイトでスポーツ・ユーティリティ・トラックのコンセプトモデル「SUTコンセプト」を発表した。

こちらはホンダが初めてライトトラック分野に進出する予告とも言うべきモデル。同社らしく、モノコックボディを採用。5人乗りの室内と全長約1.5メートルの荷台を持ち、一般的なSUVのようにファミリー層をターゲットとする。SOHC・VTECのV6エンジンと電子制御式4輪駆動システムを採用。サスペンションは四輪独立式となる。生産はMDXや北米向けオデッセイを生産するカナダ工場で、発売は2005年を予定する。