Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、クロスオーバーSUV「デュアリス」を発売

日産、クロスオーバーSUV「デュアリス」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2007年05月23日

 
 

日産は5月23日、ミドルサイズクロスオーバーSUV「デュアリス」を発売した。東海地区の発表会場となった日産名古屋ギャラリーからリポート。

英国生まれの欧州流SUV

新型「デュアリス(Dualis)」は、「SHIFT_mobility」(機動力をシフトする)の旗のもと、欧州に拠点を置いて開発された欧州戦略車(欧州名は「キャシュカイ(Qashqai)」)。生産も英国日産(NMUK)のサンダーランド工場で行なわれ、日本向けも英国からの輸入車となる。

コンセプトは「スマート&コンパクトクルーザー」。ボディサイズは全長4315×全幅1780×全高1615mmとショート&ワイド。Aピラーから後ろはムラーノのモチーフを参考にしつつ、フロント部分で独自性を出したという。なお、全車メーカーオプションのカーウイングスHDDナビ+サイドブラインドモニター(34万6500円)を装着すれば、標準仕様で左フロントフェンダーに付く補助ミラーの装着を免れることができる。

全車2リッターで「Cプラットフォーム」を採用

エンジンは日産の新世代ユニットである直列4気筒DOHC・2リッターの「MR20DE」(137ps、20.4kgm)、変速機は新開発のエクストロニックCVT-M6(6速マニュアルモード付き無段変速機)を搭載。プラットフォームには、ルノー・メガーヌで始まり、現在は日産のラフェスタやセレナ等に使われている「Cプラットフォーム」を採用する。駆動系はFFのほか、エクストレイルとほぼ同じ電子制御4WD(100:00-50:50)の「オールモード4×4システム」を採用するが、デュアリスはあくまでオンロード用「パッセンジャーカー」。オフロード重視のエクストレイルとは一線を画す。

195万3000円から243万750円まで

販売目標台数は月間2000台。英国から輸出された車両は九州に荷揚げされ、そこから全国に送られる。グレードは20Sと、それにオートライト機能付キセノンヘッドランプ、17インチアルミホイール、横880mm×縦1037mmの大型ガラスサンルーフ(固定式)や本革巻きステアリングホイールなどを加えた20Gがあり、それぞれに2WDと4WDを用意。価格はFFの20Sが195万3000円、20Gが222万750円。4WDがそれぞれ216万3000円と243万750円。

デイズのコメント

ライバルであろうCR-VやRAV4、アウトランダーより圧倒的にカッコいいスタイリングこそ、デュアリスのウリ。チーフデザイナーのステファン・シュワルツはあの3代目プリメーラをデザインした人という。なるほど、独創的なそのカタチはオシャレな人にウケそうだ。反面、そのプリメーラが日本人には受け入れられなかったように、ちょっと不安も。特に欧州車系よりアメ車系が好きな人が多い日本では、そこがやや心配なところ。最大のライバルはアメリカンなホンダ・クロスロードだろう。

日産デュアリス(日産公式サイト)

(写真:DAYS)