Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スバル、新型エクシーガを発売

スバル、新型エクシーガを発売

カテゴリ:新車 , イベント・フェア , 東海地区の情報 / 2008年06月17日

 
 

富士重工業は2008年6月17日、新型7人乗り乗用車「スバル・エクシーガ(Exiga)」を発売した。東海地区における特別内示会が行われた、ウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区)からリポート。

スバル待望の3列シート車

エクシーガは3列シート・7人乗りの新型乗用車。クラス的にはホンダ・ストリームやトヨタ・ウィッシュ、あるいはホンダ・オデッセイのようなM~Lクラスミニバンに相当する。コンセプトは「7シーター パノラマ ツーリング」。スバルにとっては久々の7人乗りミニバンとなる。

より長く、天井は高く、低床化して、3列目も快適に


関係者を前に挨拶を行う名古屋スバル自動車の水野育己社長

ボディサイズは全長4740×全幅1775×全高1660mm、ホイールベースは2750mm。フォレスター比で全長は+180mm、ホイールベースは+135mm延長されている。レガシィを思わせるステーションワゴン風のスタイルだが、特徴は言うまでもなく3列シートを収めたパッケージングにある。

 

(photo:富士重工業)

1列目から3列目にかけて70mmずつ徐々に着座位置を高めた「シアターシートレイアウト」、新開発の薄型樹脂製燃料タンクと床下フレーム構造による低床化などで、ライバル車より3列目の居住性を高めたという。大型のパノラミックガラスルーフ (長さ1160×幅851mm) もオプションで用意されている。

エンジンはNAとターボの2種類


商品説明を行う富士重工業・商品企画部の小田雅也氏。赤の点線で囲まれた部分がエクシーガのターゲットとなる

水平対向4気筒エンジンは、主力モデルに2リッターDOHC 自然吸気(148ps、19.5kgm)を採用。変速機は4ATとなる。トップグレード「2.0 GT」は、2リッターDOHCターボ(225ps、33.2kgm)+5ATとなり、さらにエンジン特性の切り替えが可能な「SI-DRIVE」を標準装備とした。なおサスペンション構造は新型インプレッサ/フォレスター譲りで、フロントはストラット、リアはダブルウイッシュボーンとなる。

 

販売目標は月間2300台。価格は主力の自然吸気エンジン車(2WD・AWD)が199万5000円~248万8500円。ターボ・5ATの「2.0 GT」(AWDのみ)が278万2500円。

DAYSのコメント


(photo:富士重工業)

オデッセイより広く安く、ウィッシュより上のクラスで(MクラスとLクラスの中間あたり)という絶妙なポジショニングで登場してきたステーションワゴン型ミニバン。スバル50周年攻勢の最終モデルということになる。Bピラーより前をフォレスター、後ろはなんとまだ発売前の次期レガシィのプラットフォームを使って作られた意欲作だ。商品企画部が「価格を意識したのはスバルで初めて」というように、インパネなどにインプレッサ/フォレスター流用のパーツを使い、200万円台の手ごろな価格で買いやすさを訴求したモデルと言える。

 

http://www.subaru.jp/exiga/exiga/index.html