Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、フィット・アリア発表

ホンダ、フィット・アリア発表

カテゴリ:新車 / 2002年11月29日

 
 

ホンダは2002年11月29日、小型セダン「フィット・アリア」を発表した。フィットベースながらタイ製の輸入車となる。発売は12月20日から。

フィットのセダンバージョン

フィット・アリアは簡単に言えば、フィットにトランクを追加したモデル。前席下に燃料タンクを持つ「グローバル・スモールプラットフォーム」を使った、フィットベースの小型セダンだ。トヨタ・ヴィッツを例とすれば、そのセダン版であるプラッツに相当する。フィット・アリアの最大の注目点はタイ製であることで、現地では新型「シティ」として販売される。

トランク容量は500リッター!

「フォワード・ビッグキャビン」のスタイリングはなかなか斬新。フィットの優れたパッケージングは、セダンになってさらにパワーアップしており、全長4310×全幅1690×全高1485mmとコンパクトながら、トランクは500リッターと驚異的な大容量を確保。これはほとんどアッパーミドルクラスセダン並みか、それを上回る数値だ。当然、トランクスルーや、フィット同様の座面沈み込み式折り畳み機構も備えて、オオモノも楽々積める。後席座面の跳ね上げ機構もやはり備えており、1245mmの天地を生かして背の高いものの積載も可能だ。

パワートレインもフィットと同じ

エンジンもフィットと同じ1.3と1.5リッターの2本立て。10・15モード燃費はそれぞれ20.5km/L、20.0km/Lと相変わらずの低燃費ぶりだ。ミッションは全車CVT(ホンダマルチマチックS)。1.5は7速マニュアルモードを備える。

目標台数は国内で2千台/月。販売はホンダの全チャンネル(ベルノ、クリオ、プリモ)で行われる。価格は1.3が119万8000円、1.5が139万8000円(4WDはそれぞれ+19万5000円)。

DAYSのコメント

フィットのセダンなどというイージーなクルマではなく、タイで現地生産(現地部品調達率は約70%)され、日本に輸入されるホンダ車、という自動車業界にとっては重要な意味を持つクルマだ。洋服などと同様に、クルマもいよいよアジアで生産され、安く日本に入ってくるわけで、今後はこのパターンが増えていくはず。スバルのトラヴィックも同様だが、あちらはもともとGM車。日本車としては初のアジアンカーということになる。試乗して品質をじっくり確認したい。

(photo:DAYS)