Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型「フィット」と「フィット ハイブリッド」を発売

ホンダ、新型「フィット」と「フィット ハイブリッド」を発売

カテゴリ:新車 / 2013年09月05日

 
 

ホンダは2013年9月5日、新型「フィット」と「フィット ハイブリッド」を発表した。発売は9月6日から。中部地区での発表会が行われたウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区)からリポート。

ハイブリッドは国内最高の36.4km/Lを達成


ボディカラーは全11色。写真はハイブリッド専用のビビッドスカイブルー・パール

今や国内ではシビックに代わって、ホンダの主力コンパクトカーであるフィット。累計販売台数は2001年の初代発売から12年間で、国内で200万台以上、世界123ヶ国では計487万台に達し、生産拠点は日本を含めて8ヶ国、全10拠点に及んでいる。

そして今回、3代目となる新型は、従来モデルの設計思想を継承しつつ、パワートレインや車体を完全に新設計。中でも注目が集まるのは、新開発のハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」を搭載したフィット ハイブリッド。従来のIMAハイブリッドと違って、モーターだけでのEV発進や、より広い領域でのEV走行が可能になっている。

 

ハイブリッドシステムを構成するのは、新開発の1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン(110ps、13.7kgm)、高出力モーター(29.5ps、16.3kgm)を内蔵した独自開発の7速DCT、このクラスでは他に先駆けて採用されたリチウムイオンバッテリーなど。さらに回生効率を高める電動サーボブレーキシステムやフル電動のエアコンコンプレッサーも採用し、JC08モード燃費は国内最高の36.4km/Lを達成している。

ガソリンエンジンも全面変更。1.5リッターは直噴に

1.3リッターのガソリン車には、低燃費と高出力を両立した新開発1.3LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン(100ps、12.1kgm)を採用。こちらのJC08モード燃費は、先代フィット ハイブリッドに匹敵し、なおかつガソリン車ではクラストップレベルの26.0km/Lを実現している。

また、上級グレードの15XとRSに搭載される1.5リッターのガソリン車には、ホンダ独自の直噴技術を採用した新開発の1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン(132ps、15.8kgm)を搭載。RSにはCVTの他に、6MTも用意され、スポーティな走りが追求されている。

従来通り4メートル未満と5ナンバー枠をキープ

グリルというか、グリルレスというか、斬新なフロントフェイスが特徴のエクステリアは、ホンダの新しいデザインコンセプト「エキサイティング H デザイン!!!」に沿ったもの。ボディサイズは全長3955mm(+55)×全幅1695mm(同)×全高1525mm(同)と、先代より若干長くなったものの、全長4メートル未満と5ナンバー枠をキープした。

新開発のプラットフォームは、燃料タンクを前席下に配置する「センタータンクレイアウト」を継承しつつ、さらに進化。広々とした室内空間を確保しながら、大幅な軽量化も実現している。

 

インパネは質感の高さや、タッチ式の空調操作パネル(オートエアコン車)が特徴

従来モデルで定評のあった室内空間や荷室の広さは相変わらず。ホイールベースは2530mm(+30)と少し長くなり、タンデムディスタンス(前・後席間の距離)は80mm拡大。センタータンクレイアウトによる、チップアップ&ダイブダウンといった多彩なシートアレンジも、そのまま受け継がれている。

126.5万円からスタート。ハイブリッドは163.5万円から

国内の販売計画台数は月間1万5000台。生産は鈴鹿工場で始まり、さらに7月に稼働を始めた寄居工場(埼玉県大里郡寄居町)で、本格的な生産が始まる予定。

価格は1.3リッター(CVT)が126万5000円~(5MTは136万円)。1.5リッターの15X(CVT)が158万円~、1.5リッターのRS(CVTと6MT)が180万円、ハイブリッド(7速DCT)が163万5000円~。

 

VSA(車両挙動安定化制御システム)は全車標準だが、新開発の「シティブレーキアクティブシステム」(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)は、前席サイド&カーテンエアバッグとセットでオプション(6万円)になる。

なお、ハイブリッドの4WD車も、2013年12月に発売予定とのこと。

デイズのコメント

ずんぐりとした外観やグリルまわりのデザインは好き嫌いが分かれるのでは。とはいえ、クルマ全体の商品力を考えると、販売には大きく影響しないと思われるので、売れるのは間違いないところ。30万円ほど高くなるハイブリッドは、DCTが採用されている点でマニアックな興味が湧くが、現実的には低燃費だし、下取りも良いしということで、価格差も関係なく売れるでしょう。とはいえ、衝突被害軽減ブレーキなどを含む「安心パッケージ」がオプションというのは、今どきちょっと残念なところ。