Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、FJクルーザーを国内で発売

トヨタ、FJクルーザーを国内で発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2010年11月25日

 
 

トヨタ自動車は2010年11月25日、2006年から海外で販売していた個性派SUV 「FJクルーザー」を日本で発売すると発表。同日、愛知県豊田市の「さなげアドベンチャーフィールド」で発表会およびオフロード試乗会を開催した。発売は12月4日から。

4年遅れの日本導入

ランドクルーザーの名を世界で一躍高めた名車「40系」。北米で人気を得たガソリン車はFJ40型、ディーゼル車はBJ40型と呼ばれるが、そのイメージを現代に再現したのが、「FJクルーザー」だ。

北米では2006年に発売され、2007年には6万4000台(全世界では7万台)を販売。リーマン・ショック後の2009年にも1万4000台(南米、中近東、中国、アフリカなど全世界では2万2000台)を販売したが、日本では一般業者による逆輸入車という形でしか購入できず、国内での正規販売が待望されていた。

プラットフォームはプラドやサーフ譲り


リアゲートは左ヒンジの横開き式で、ガラスハッチも備える

かつてのランクル40系風としたネオレトロなスタイリングはどことなくファニーで、タウンユースにも映えるオシャレなもの。フロントグリルには通常のトヨタマークではなく、古い「TOYOTA」ロゴが取り付けられる。

プラットフォームは現行のプラドや昨年国内販売が終了したハイラックスサーフ、米国向けのタコマと共通で、いわゆるフルフレーム方式を採用。カッコだけではなく、本格SUVとしての頑強さも「FJ」の名にふさわしいものとなっている。

 

開発を担当した西村昭夫 チーフエンジニア。プラドやハイラックスサーフも担当

ボディサイズは全長4635mm×全幅1905mm×全高1840mmと、プラドやハイラックスサーフより一回り小さい。全幅は1905mmとワイドだが、開発した第3開発センターの西村昭夫チーフエンジニアは、「ミラーの張り出しはセダン系より少なく、実質的は車幅は広くない」と主張する。2ドア風だが、観音開きドアを持ち、後席へのアプローチもしやすい。

オフロード性能は本物。操る楽しみもある


A-TRACを切った状態。写真では見えない右前輪、および左後輪が空転しているが、A-TRACオンで前進を可能にする

エンジンはランクルプラドと共通の4リッターV6ガソリンエンジン「1GR-FE」(276ps、38.8kgm)。駆動方式は日本向けの5AT仕様の場合、パートタイム4WDとなる。

オフロードコースを試乗したが、ホイールベースがプラドより100mm短縮され、アプローチアングルやディパーチャーアングルにも余裕があるなど、その走破性はかなり本格的。かなり厳しいモーグルセクションでも、バンパーやサイドシルが接地するシーンは見られなかった。

 

また、特に対角線上のタイヤが浮くような状況や人が歩いて上るのも困難な急坂悪路では、トラクション性能を高める電子制御デバイス「アクティブ・トラクション・コントロール(A-TRAC)」が威力を発揮する。これは、空転する車輪に対しては通常のESP系デバイスよりも強めのブレーキ制御を行ない、接地している車輪により大きな駆動力を発揮させるものだ。

 

一方、基本的にはパートタイム式であるため、オンロードでは2WD(FR)で走行し、オフロード走行時には4WDモードへの切替が必要。またヒルディセントコントロール(トヨタではDAC=ダウンヒル・アシスト・コントロールと呼称)は省かれるため、悪路の急な下り坂では適切なギアの選択が必要とされるほか、A-TRACのオン・オフ、リアデフロック(グレードによってオプションないし標準装備)のオン・オフなどを自ら選択することで、言ってみればドライバーが操る楽しみも残されている。

日本向けはもちろん右ハンドル

日本市場に向けては、右ハンドル化はもちろんのこと、左フロントフェンダーへの補助ミラーの追加、リアナンバー位置などを変更。ほかに20インチ径のタイヤ(245/60R20)を新設定するほか(標準は265/70R17)、オンロードでの操縦安定性を確保するため、前後左右のショックアブソーバーを対角線で連結し、補助減衰力を加えることで姿勢変化を抑える「X-REAS(エックス・リアス)」(ハイラックスサーフ譲り)を追加している。

 

シートには、空気は通すが水は通さない透湿フィルムを表皮裏に張ったシート生地をトヨタで初めて採用。蒸れを防ぎながら、本格的な防水・撥水機能を与えている。またパネルやドア内張り、荷室まわりも樹脂で覆われるなど、質実剛健な作りだ。

豊田社長の肝いり? 価格は314万~332万円

もともとは今から10年ほど前、北米カリフォルニア州のNUMMI(New United Motor Manufacturing, Inc.)に行っていた頃の豊田章男社長による発案で作られたクルマとのことで、今回の日本発売もドキドキ、ワクワク感のあるクルマを出したいという、豊田社長の意思が強く働いているようだ。

 

試乗車のタイヤはもちろん標準装着のM+S

それゆえ販売目標もあえて設定されず、販売店も目標を強制されないという。それでも月間200台~300台の販売は目指したいとのこと。価格も314万~332万円と低めで、クルマに興味を失いつつある20代、30代の若年層を引きつけようという狙いがある。

生産はこれまで通り、プラドやハイラックスサーフと同じ日野自動車の羽村工場(東京都)で行われる。

デイズのコメント

トヨタだって、こういうパイクカーを作れるんだ、なんて思ったけど、まあこれを考えたのは10年も前の話で、その頃はトヨタも面白いクルマを一杯出していた。その意味では過去の遺産が今、花開いた、というわけか。右ハンドル車を作ることになったので日本でも売ることにした、のかもしれないけど、何はなくとも安くて面白いクルマが一台増えたのは喜ばしいこと。実車を見てたらどんどん欲しくなってきたことは事実。こういうクルマをどんどん出してもらいたいものだ。

 

※過去の参考記事
■新車ニュース>トヨタ、ランドクルーザープラドをフルモデルチェンジ (2009年9月)
■新車ニュース>トヨタ、ランドクルーザーをフルモデルチェンジ (2007年9月)

 

※外部リンク
■トヨタ自動車プレスリース>新型車「FJ(エフジェイ)クルーザー」を発表 http://www2.toyota.co.jp/jp/news/10/11/nt10_066.html