Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スバル・フォレスターがマイナーチェンジ

スバル・フォレスターがマイナーチェンジ

カテゴリ:新車 / 2004年02月03日

 
 

特別仕様車「STi Version」「L.L. Bean Edition」も登場


スバル フォレスター STi Version

富士重工業は2004年2月3日、スバル・フォレスターを一部改良すると同時に、オンロード性能を強化した「STi Version」、ならびに質感を高めた「L.L. Bean Edition」を追加設定し、発売した。

一部改良の内容は、インテリアカラーやシート表皮の変更、新ボディ色の採用、メーター類やステアリングホイールの意匠変更、後席のリクライニング機能追加など、多岐にわたる。

新たに追加された「STi Version」は、「ピュアスポーツSUV」を目指して開発。2.5リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン(265ps、38.5kgm)、6速MT、225/45Rの18インチ(ブリヂストン・Potenza RE030)、ブレンボ製ブレーキ、アルカンタラの表皮を張った専用バケットシートなど、「STi」の名に恥じない内容を備える。インプレッサなどでおなじみの「WRブルー・マイカ」(写真)も専用色として用意。


スバル フォレスター L.L. Bean Edition

「L.L. Bean Edition」は、専用の本革シート(前席シートヒーター付き)、ハードタイプの荷室マットや大型ドアミラーの採用など、アウトドアスポーツ指向のユーザーに向けたモデル。エンジンは自然吸気2.0リッターSOHCおよび2.0リッターDOHCターボの2種類。

販売目標はフォレスター全体で2000台/月。価格は全体で178.5~295万円。「L.L.Bean Edition」は207.8~246.5万円。「STi Version」が295万円。

http://www.subaru.jp/index.html