Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、新型「GT-R」を日産ギャラリーで先行展示中

日産、新型「GT-R」を日産ギャラリーで先行展示中

カテゴリ:新車 / 2007年11月10日

 
 

日産自動車は2007年10月24日、新型「NIissan GT-R」を発表した。全国の日産ギャラリーでは、11月26日まで特別先行展示を実施中。正式の発売は12月6日となる。

「誰でも、どこでも、どんな時でも楽しめる」


東京モーターショー2007に出展された日産GT-R

車両形式「R35型」となる新型「Nissan GT-R」は、従来の「スカイラインGT-R」と異なり、独自のシャシーとパワートレインを備えた「マルチパフォーマンス・スーパーカー」をうたう。「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフを楽しめる」べく、路面、天候、ドライバーの技量を問わないスーパーカーを目指したという。

新開発VR38DETT(480ps、60kgm)を搭載

クリーンルーム内で一人の「匠」によって組み立てられ、全数が性能検査してから出荷されるという新開発の3.8リッターV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」は、480ps、60kgmの怒涛のパワーを発揮。変速機はBorg Warner製シックスプレートデュアルクラッチを備えた新開発「GR6型デュアルクラッチトランスミッション」で、もちろんパドルシフトを備える。車重は専用カーウイングスナビなど快適装備を備えた状態で1740kgに収まっている。

世界初「独立型トランスアクスル4WD」

ボディサイズは全長4655×全幅1895×全高1370mm。カーボン、アルミ、スチールから成るボディは、これも全数が出荷前に加振検査されるという。

「プレミアム・ミッドシップパッケージ」をうたう新開発シャシーは基本的にはFRベースの4WDだが、新型トランスミッションを4WD用のトランスファーごとミッドシップに搭載した「独立型トランスアクスル4WD」を世界で初めて採用。サスペンションには減衰力電子制御可変式の「ビルシュタイン ダンプトロニック」、ブレーキにはブレンボ製のモノブロック式フロント6ポッド、リヤ4ポッドを採用する。タイヤはGT-R専用のランフラットタイプ(255/40ZRF20、285/35ZRF20)だ。

販売は特別教育を受けた認定スタッフと特別サービス工場を備えた全国の「日産ハイパフォーマンスセンター」を中心に行なわれる。販売目標台数は月間200台で、価格は以下の通り。

■GT-R(標準車) 777万円
■GT-R Black edition 792万7500円
■GT-R Premium edition 834万7500円

なお、全国の日産ギャラリーでは11月26日までGT-Rを特別先行展示している。

http://www.nissan.co.jp/GALLERY/EVENT/2007/GT-R/

http://www2.nissan.co.jp/GT-R/R35/0710/index.html

(photo:DAYS)