Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型フィットとフィット ハイブリッドを発売

ホンダ、新型フィットとフィット ハイブリッドを発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2010年10月08日

 
 

ホンダは2010年10月8日、「フィット」をマイナーチェンジすると共に、新型「フィット ハイブリッド」を発売。同日、東海地区での新車発表会を名古屋観光ホテル(名古屋市中区錦)にて開催した。チョイ乗り試乗インプレッションと共に報告する。

インサイトのパワートレインを搭載。燃費はほぼ互角


ハイブリッドには専用ヘッドライトやリアコンビランプ、フロントグリルが備わるほか、専用色フレッシュライム・メタリックを用意する

新しく登場した新型「フィット ハイブリッド」は、要するにフィットにインサイトのハイブリッドパワートレインを搭載したモデルだ。基本的にその1.3リッター直4・SOHCエンジン(88ps、12.3kgm)やモーター(14ps、8.0kgm)は、インサイトのものと共通となる。

ただしフィット ハイブリッドでは街乗りでの力強さを重視したセッティングとされ、車重もインサイトより軽いため、低速での実用燃費はフィット ハイブリッドの方がわずかに優れるという。一方、高速走行時の空気抵抗はインサイトよりも大きいため、10・15モード燃費は両者互角の30.0km/Lとなっている。

ハイブリッド用バッテリーは荷室床下


荷室におけるノーマルフィットとの違いは、床下収納の有無と言って良い。右リアクォーターガラス下の冷却口に注目

フィット ハイブリッドならではの長所は、燃料タンクを前席下に置くセンタータンクレイアウト等によって、広々とした後席や荷室スペース、多彩なシートアレンジといった、フィットならではの特徴を受け継いでいることだろう。荷室床下にハイブリッド用バッテリーを配置したため、通常のフィットのような圧倒的な最大荷室高は失われたが、後席背もたれを倒せばフラットな荷室フロアを形成するなど、ハイブリッド化に伴う犠牲はほとんど感じさせない。これを可能にしたのが、バッテリー等を冷やす冷却口を荷室右サイドに新設したところで、ここが技術面での隠れた見どころの一つだ。

純ガソリン車の目玉は、6MTを新採用した「RS」


フィット RS

一方、発売から早くも3年経った通常のフィットは、今回のマイナーチェンジで燃費、使い勝手、質感などを向上。1.3リッター車の10・15モード燃費は、最高で24.5km/Lとなった。もちろん、広い後席や422リッターの大容量トランクといった優れたパッケージングは相変わらずだ。

中でも今回の目玉と言えるのが、大幅に魅力が増したスポーティモデルの「RS」だろう。専用色「サンセットオレンジ」は、初代シビックのスポーティグレード「シビック RS」(1974~75年)のボディカラーを彷彿とさせるもの。前後バンパーなどの意匠も大幅に変更されたほか、全RSにブラック×オレンジのフルバケットシートが採用されている。

 

6MTやフルバケットシートを新採用した「フィット RS」

RSのエンジンは「1.5X」と共通の1.5リッターSOHC(120ps、14.8kgm)だが、エクゾースト系には専用のサウンドチューニングを実施。さらに7速マニュアルモード付CVTのほか、新たに6速MTが用意されたのが大きなトピックだ(従来は5速MT)。もちろん足まわり等も専用設定となる。

ハイブリッドは159万円~。インサイトより30万円安い


技術説明を行う車体設計開発責任者の長峰 晋吾氏

フィット ハイブリッドの価格は、標準車の159万円から始まり、パドルシフト付の210万円まで。これはこの日、同時にマイナーチェンジを行ったインサイト(従来通り189万円~)よりも30万円ほど安い。

一方、通常のフィットは123万円から。こちらには1.3リッターと上質感を強めた1.5リッターがあり、FF車はCVTか5MT、4WDは従来通り5ATとなる。また「RS」は1.5リッターのみで、価格は6MTと7速パドルシフト付CVT、共に169万8000円だ。

 

なお、現在は日本を含めて8つの国・地域の全10拠点で生産されるフィットだが(海外での車名は主にジャズ)、国内向けの生産はすべて鈴鹿工場でまかなわれる。またハイブリッド車のパワートレインも、鈴鹿から世界に供給されるようだ。国内での販売目標台数は、2007年の発売当初より2000台上乗せして、月間1万4000台となっている。

ちなみに2001年に登場したフィットの累計販売台数は、9月の時点で初代と2代目を合わせて国内で150万台を達成。世界全体ではすでに350万台が販売されたという。日本に次いで販売台数が多いのは欧州で65万6000台、その次がアジア・オセアニアの41万2000台、そして北米の33万6000台、中国の33万3000台、南米の30万4000台が続く。

【プチ新車試乗記】フィット ハイブリッド&フィット RS


フィット ハイブリッド

今回は短時間ながら、発表会場の周辺で「フィット ハイブリッド」と「フィット RS」の試乗が出来た。まずハイブリッドで印象的だったのは、力強い走りと静粛性の高さ。燃費重視となる「ECON(イーコン)」モード選択時でも、とてもよく走る。また同乗したホンダのスタッフによると、巡航時にエンジン(の燃料噴射)を止めてモーターだけで走る領域は、以前のインサイトより長めになっている、とのことだ。

 

フィット RS

フィットRSの試乗車は、ホンダらしい計らいで?6MT仕様。120psを発揮する1.5リッターエンジンの力感は想定を大きく越えなかったが、CR-Z譲りとなる6MTのシフトタッチは良好で、爽快な排気音をBGMに軽快な走りが楽しめた。

デイズのコメント

3年前の試乗記では、静粛性が高まったらもう完璧では、と書いたフィット。今回のマイチェンでは、まさにそれが改良点。ハイブリッドとRSの2台をチョイ乗りした限り、静かになった感は確かにあった。

またハイブリッドは専用ボディではないのに、インサイトと同じ燃費が自慢。しかも街乗りでの実燃費は、インサイトを上回るほどという。今やホンダHVの本命はフィットになったのかもしれない。


(photo:DAYS)