Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、レクサス HS250hを発売

トヨタ、レクサス HS250hを発売

カテゴリ:新車 / 2009年07月14日

 
 

トヨタ自動車は2009年7月14日、レクサスの新しいハイブリッドセダン「HS250h」を発売し、東京・お台場の日本科学未来館で発表会を行った。

エコだけではない「小さな高級車」

会場に展示されたHS250hは、日本科学未来館のシンボル展示である直径6.5メートルの球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」の下に置かれ、まさにトヨタの新しいキャッチフレーズである 「この道と語り、この星を想う」 のイメージどおり。ちなみに車名の「HS」は「Harmonious Sedan」が由来だ。

発表会はレクサス・アンバサダーであり、ミス・ユニバース世界大会で2007年に1位となった森 理世(もり りよ)と2006年に2位となった知花(ちばな)くららの司会で進行。その中で「クルマ好き」で知られる豊田章男社長は、「エコばかりでなく、日本の道に受け入れられやすいサイズで、居住性や運転しやすさも十分な『小さな高級車』」とHS250hを紹介。

なおレクサスブランドは現在、販売台数の半分以上がハイブリッドで、RXシリーズでは大半がハイブリッド(RX450h)だという。そうしたハイブリッド人気を受けて、HS250hにもすでに3000台の受注が入っているとのこと。豊田社長は「今でもセダンユーザーは多く、乗り替えが進んでいない。その層にぜひ見に来てもらいたい」と語る。

エンジンは2.4リッター直4。10・15モード燃費は23.0km/L

ハイブリッドシステムの基本構成は新型プリウスのものに近いが、アトキンソンサイクルの直4エンジンは新型プリウスより排気量の大きい2.4リッター「2AZ-FXE」(150ps、19.1kgm)とされ、モーター(143ps、27.5kgm)やリダクションギアと組み合わせられる。システム全体の出力は新型プリウス(136ps)の約1.4倍となる190psだ。

10・15モード燃費はプリウスの35.5~38.0km/Lに比べると見劣りするものの、「プレミアムセダンとしては群を抜く」23.0km/Lとなっている。

ボディサイズは全長4700mm×全幅1785mm×全高1505mmと新型プリウスより大きいが、2700mmのホイールベースは同じ。高級セダンらしい上質な走りを実現するため、エンジン始動時のショックやモーター騒音の低減など入念なチューニングを施したという。電池の搭載方法にも工夫が凝らされ、独立したトランクルームにはゴルフバッグを4つ収納できるという。

理想を追求した操作系。価格は395万円から

操作系にはRXシリーズで先行採用された「リモートタッチ」を採用。また通信ナビを利用した「ハーモニアス ドライビング ナビゲーター」によって、ドライバーのエコドライブを評価し、付与したポイントに応じて社会貢献活動にも寄与できるサービスも用意。エコドライブを楽しみながら、社会のためにも役立てるという新しい試みがなされている。さらに8インチのポップアップ式ディスプレイをはじめ、プリクラッシュセーフティやヘッドアップディスプレイなど各種ハイテク装備も用意されている。

価格は395万円(ベースグレード)~535万円(バージョン L)。レクサスというブランド力、手頃なサイズ感、そして装備に比して安めの価格設定により、ヒットが予感されるクルマだ。

販売目標はプリウスの20分の1となる月間500台。生産はRXシリーズなどと同じトヨタ自動車九州(株)の宮田工場で行われる。今年9月からは北米でも発売される予定だ。

デイズのコメント

大衆向けハイブリッド車であるプリウスがかつてのカローラだとすれば、かつてのコロナあたりに位置するのがこのクルマか。「LS600hやGS450hは大きすぎて(値段が高すぎて)要らないが、これなら欲しい」という人は相当な数に上るだろう。価格的にもメルセデス・ベンツのCクラス、アウディA4、BMW・3シリーズあたりとぶつかるので、そのあたりの輸入車オーナーが大挙して買い換える可能性もある。輸入車には大敵が出現したと言えそうだ。